2011-07-24
エイミー・ワインハウス、遺体で発見される


Photo: Kevin Winter/Getty Images
イギリス時間の23日、英シンガーのエイミー・ワインハウスが、ロンドン市内の自宅アパートにて遺体で発見された。広報担当者がCNNに伝えた。享年27。(写真=2007年度MTV Movie Awardsにて撮影)

ロンドン警視庁が発表したプレスリリースには、ワインハウスの名前は明記されておらず、次のように書かれていた。

「本日7月23日土曜日16時5分前、女性が死亡したという複数の報告を受けて、カムデン・スクエアNW1の住所に出動するよう、ロンドン救急サービスから警察に要請があった。現場に到着した警官隊は27歳の女性の遺体を発見。その場で死亡を確認した。死の状況については取り調べが続いており、現時点では死因不明扱いとしている」

長きにわたり薬物中毒に苦しんでいたワインハウスは、6月18日にヨーロッパ・ツアーの初日公演をセルビア・ベオグラードで行った。だが、1時間以上遅れて登場したあげく、90分間のライブ中に何度もステージを去り、歌詞を忘れたり、マイクを落としたりして、2万人の観客からブーイングを受けた。その後、トルコとギリシャでの公演の中止が発表された。

続いてワインハウスの所属事務所はツアーの中止を発表。「エイミー・ワインハウスは予定されている全ての公演から降板いたします。全ての関係者は彼女が最高の状態に戻れるよう、どんなことでもしたいと考えています。彼女が回復するまで、いつまででも待つつもりです」と文書には書かれていた。

一方で、ワインハウスはグラミー賞に輝いた大ヒットアルバム『Back to Black』に続く新作を制作中だったと報じられていたが、発売日などは正式発表されていなかった。

1983年9月14日に誕生したエイミー・ジェイド・ワインハウスは、2003年にデビュー・アルバム『Frank』と共にUKシーンに登場。同作はイギリスまたはアイルランドで発表されたその年の最高の作品に送られる「マーキュリー・プライズ」にノミネートされた。その後、数々のフェスティバルで絶賛され、イギリスの作曲家協会による権威ある音楽賞「アイヴァー・ノヴァロ・アワード」を受賞したワインハウスは、その名を世界的に知らしめることになったアルバム『Back to Black』を制作した。

サラーム・レミとマーク・ロンソンをプロデューサーに迎え、ワインハウスは1950年代や60年代のガールズ・グループを思わせるサウンドを作り上げた。そのスモーキーな歌声や蜂の巣のようなヘアスタイルも手伝って、『Back to Black』は当時のシーンを占めていたエレクトロニックなサウンドをベースにしたポップ・ミュージックへの解毒剤として大いに歓迎された。収録曲「Rehab」に活気づけられ、同作は世界中で大ヒット。本国イギリスでは年間最高セールスを記録し、米グラミー賞では5冠に輝いた。

『Back to Black』の成功に続いて、ワインハウスは世界ツアーを敢行。そしてこの頃、元ビデオ制作助手のブレイク・フィールダー=シヴィルとの交際をスタートした。当時、一部のメディアが2人の薬物乱用について報じ、フィールダー=シヴィルは2008年にバーのオーナーとケンカして服役した。ワインハウスもまた、2007年にノルウェーにて大麻所持容疑で逮捕されたほか、2008年初めには暴行容疑で告発され、同年5月にはコカインを吸引している姿を映したビデオが原因で逮捕された。実刑こそ逃れたが、父親の勧めで何度もリハビリを試みており、最近では今年5月にリハビリ施設に入院していた。

ワインハウスはその間に新作の制作を開始し、サラーム・レミと共にセントルシア島に滞在した。2010年7月にはロンドンで行われたマーク・ロンソンのライブにサプライズ出演。「Valerie」を歌ったが、このときも歌詞を忘れていたという。その数日後、ワインハウスは英「メトロ」紙に対し、新作は2011年1月に発表する予定であること、『Back to Black』と同様にレトロなサウンドを予定していることを明かした。

また、伝説的プロデューサー、クインシー・ジョーンズの『Q』のために、レズリー・ゴアの「It’s My Party」のカヴァーをレコーディングしたほか、9月にリリースされるトニー・ベネットの新作『Duets II』のために、ベネットとのデュエットを依頼されていた。

ワインハウスのスポークマンは、「エイミーの全関係者がショックを受け、悲嘆に暮れています。ご遺族や友人にお悔やみ申し上げます」とコメントを発表した。カムデン・スクエアの自宅前には、花束やぬいぐるみなどが供えられている。

MTVでは今週から特別番組「エイミー・ワインハウス 特番」を緊急放送中。

MTV News