2011-06-15
セレーナ・ゴメス、ファンに元気な姿を見せる


Photo: Jean Baptiste Lacroix/WireImage
アメリカ時間の9日に体調不良を訴えて入院したセレーナ・ゴメスが13日、ファンの前で元気な姿を見せた。

セレーナは同日午後、米カリフォルニア州サンタ・モニカのショッピング・モールに登場。白いタンクトップの上にふんわりとした白いブラウスをはおり、黒いショートパンツにヒールの高いサンダル姿で、バンドを従えて「Who Says」と「A Year Without Rain」の2曲を披露した。心配してくれたファンに何度も感謝の意を述べ、当初、金曜日に予定されていたこの日のライブが延期となったことを謝罪した。

「今日は来てくれて、本当にありがとう。もし金曜日に来た人がいたら、当日ここに来られなくてごめんね。みんなのことをとても愛しているわ」とセレーナは「Who Says」の前に語った。

激しいダンスこそ見せなかったが、セレーナはエネルギッシュに各曲を熱唱。その声は力強く、落ち着いていた。2曲目の終わりには、客席のファンからの新作主演映画「Monte Carlo」に関する質問に答えた。

体調を心配する会場に集まったファンや報道陣に「ずっと良くなったわ、ありがとう」とセレーナ。入院の理由については、「栄養不良だったの。鉄分が低下して、クタクタだったのよ」と説明した。

MTV News