2010-03-03
プッシーキャット・ドールズ、さらに2人が脱退


Photo: JAY DIRECTO/AFP/Getty Images
プッシーキャット・ドールズから、さらに2人のメンバーが消えた。年明けにグループの創始者、ロビン・アンティンが新メンバーの発掘とジェシカ・スッタの脱退を発表したが、今度はキンバリー・ワイアットとアシュリー・ロバーツが脱退を発表した。(写真左から=アシュリー・ロバーツ、ニコール・シャージンガー、キンバリー・ワイアット)

英「ローデッド」誌とのインタビューの中で、ワイアットはグループを脱退したことを告白。「私はグループを去ったの。プッシーキャット・ドールズが人生にもたらしてくれた、全てのことに感謝しているわ。でも、同意できない変化が多すぎて、自分の心を従わずにはいられなかったの。だから、自分自身の人生を突き進むことに決めたのよ」と語ったと英「デイリー・ミラー」紙は報じている。

同意できなかった要素について、ワイアットは詳細を明かしていないが、「お金と名声では幸せを買うことはできないわ」と語っている。

「突き詰めていくと、人生で最も重要なことは幸せだと思うの。自分自身を知れば知るほど、"私の幸せは、今はこのグループの中にはないと思う"っていう感じだった。ステージでの活動が大好きだから、残念だけれどね。ドールで居るのは大好きだけど、ステージ以外の部分での変化を考えると、もうこれ以上は続けられなかったのよ」。

ワイアットの脱退報道の直後に、今度はロバーツがホームページに掲載したファン宛のメッセージの中で脱退を明かした。

「イエス、私はプッシーキャット・ドールズをやめました」と彼女は綴った。「みんなのことが大~好きよ!!! あなたたちみんなからの愛と応援にすごく感謝しているわ。素晴らしい旅だったし、すごく多くを学んだわ! みんなは私にとっての全てであり、一緒に新たな冒険に出ることに興奮しているわ。創造性やインスピレーション、成長すること、そして楽しいことが満載の冒険よ」。

年明けに脱退したジェシカ・スッタは、他のメンバーがソロ活動を応援してくれているとMTV Newsに語っていた。

「彼女たちはすごく応援してくれているの。大きな決断だったけれど、最善の決断だったわ」と彼女は述べた。「私は常にニコール(・シャージンガー)の陰に居た気がするわ。だから、今回は表に飛び出すチャンスだと思う」。

3人のメンバーの脱退により、オリジナル・メンバーはニコール・シャージンガーとメロディー・ソーントンのみとなった。■

MTV News