2009-11-05
クリス・ブラウン 「俺は何を考えていたんだ?」


Photo: Jason Kempin/Getty Images
新しいミュージックビデオ、ニューヨークのラジオ局主催の音楽イベント出演、ファン感謝ツアー、来月に発表するニューアルバム、そして、事件から学んだことを語った数々のインタビュー―ここ数週間、クリス・ブラウンは今年2月の暴行事件から立ち直ろうと必死だった。

だが、いまだに多くの疑問が残っている。

そもそも、なぜリアーナに殴りかかったのか?なぜ彼はファンが作成したリアーナとの2ショット写真集をSNS「Twitter」からリンクし、リアーナにインスパイアされて作った楽曲を発表したのか?9ヶ月経った今、あの夜について何を思うのか?

6日に全米でオンエアされるMTV News特番で、クリス・ブラウンはその全てについて語り、事件の夜を振り返っている。

「(今振り返ってみて)思うことは、"なぜあんなことが起こったのか?"ということ」とブラウンは地元バージニア州で1時間に渡って行われたインタビューで語った。「"俺は何を考えていたんだ?どこかおかしいんじゃないか?"という感じだ。自分で考えていることは、そういうことだよ。それが俺の今の考えなんだ」。

「"どうやって克服するんだ?どうするんだ、クリス?"って、自問しているよ。"A地点からB地点までどうやって行くんだ?自分の失敗から何を学んで、どのように前向きに同じ状況に置かれた人を助け、最終的に理想の自分になるんだ?"ってね」。

今年2月、グラミー賞授賞式前夜にブラウンがリアーナを暴行したというニュースは、多くに衝撃を与えた。ブラウンは痣や傷だらけのリアーナを残して現場を去り、後に警察に出頭。取調べを受けた後に釈放されたが、警察の調書や事件後のリアーナの顔写真などが公開されると、家族やファン、友人たちは、2人の間に起こった事実に驚愕した。

ブラウンは6月に司法取引に応じ、禁固刑を免れた。だが、社会奉仕活動や、毎週のセラピーなどを義務付けられている。さらに接近禁止令が発行され、今後5年間はリアーナに近づくことを許されない。どのような形でも、2人の間にコミュニケーションが認められた場合は、ブラウンが刑務所に送られかねないという。

キャリアを再始動し、自身たちの人生を再建しようとする2人のスーパースターに、世界が注目し、疑問に対する答えを待っている。

ブラウンはMTV Newsに対し、自分の行動を評価する上で、セラピーが役立っていると語った。毎週のセラピーではグループ・ディスカッションに参加し、他の参加者の体験談と自身の経験を元に、なぜリアーナを暴行するまでに至ったのかを考えているという。

インタビューの中で事件の引き金は何だったのかと訊ねられたブラウンは、「怒りだけだよ。ああ、怒りだ」と答え、「若い人たち、やる前に考えよう」と加えた。■

MTV News