2009-09-15
VMA 2009 カニエがテイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入


Photo: Wire Image
13日にニューヨークで開催された音楽授賞式「MTV Video Music Awards 2009」で、シンガーのテイラー・スウィフトの受賞スピーチにラッパーのカニエ・ウェストが乱入。会場を去るよう要請される事態となった。

テイラー・スウィフトはこの夜、最優秀女性アーティスト・ビデオ賞(Best Female Video)を受賞。だが、カニエは壇上で彼女のマイクを奪い、ビヨンセが受賞すべきだと主張した。

「ごめんよ、だけどビヨンセのビデオは史上最高レベルだった」とカニエは主張。客席に座っていたビヨンセは、驚きを隠せない様子だった。

カニエが音楽授賞式でトラブルを起こしたのは、今回が初めてではない。2004年の「アメリカン・ミュージック・アワード」では、最優秀新人賞を受賞できなかったことに腹を立て、レポーターを相手に怒りをぶちまけ、自分こそが最優秀新人だと主張した。

その2年後、2006年の「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」では、ジャスティス・アンド・シミアンの「We Are Your Friends」にトロフィーを奪われたことに激怒。受賞スピーチ中に壇上に乱入し、自分が受賞するべきだったと述べ、その理由として、「100万ドルを費やし、パメラ・アンダーソンが出演している」ことを挙げた。カニエはその後、謝罪し、授賞式前に「ちょっと飲んでしまった」と説明した。

だが、スウィフトを相手にした今回のコメントは、より悪質なトーンだった。ジェイ・ZのDJ、ニール・アームストロングの「Twitter」への書き込みによると、スウィフトと彼女の母親はバックステージで泣いていたという。その後、ビヨンセがスウィフトをステージに呼び上げ、受賞スピーチをやり直す機会を与えた。警備員によりカニエから引き離されたピンクを含む、複数のセレブリティーが「Twitter」でカニエを批判している。

授賞式の前にレッドカーペットを歩いたカニエは、コニャックのボトルを握っていた。複数の写真で、恋人のアンバー・ローズの隣でボトルを抱えているカニエが確認できる。また、ピート・ウェンツとボトルを分かち合う姿や、ボトルを手にしたジョー・ジャクソンの近くに立っている姿も目撃された。スウィフトを攻撃したあと、カニエはブーイングするオーディエンスに中指を立てて席についた。

その後、最優秀男性アーティスト・ビデオ賞(Best Male Video)のノミネート作品としてカニエの名前が呼ばれると、観客から再びブーイングが起こったが、それまでにカニエは会場を後にしていた。

26回目となる今年のVMAの模様は、MTVジャパンで9月19日(土)18時より、2時間の特別番組として放送する(再放送予定あり)。詳しくはこちらのページにアクセス。■

MTV News