2008-10-29
マドンナも絶賛! 来日したケイティ・ペリーに直撃


Photo: MTV JAPAN
全米のティーンに大ブームを巻き起こした注目の女性シンガー、ケイティ・ペリー。先月に国内リリースされたデビューアルバム『One of the Boys』を引っさげて初来日した彼女に、MTV Newsが直撃した。

ミュージックビデオでお馴染みの、40年代風のヘアメイクに個性的なファッション。「女の子にキスしちゃった/そしたら気持ち良かった」という刺激的なリリックのシングル「I Kissed A Girl」でブレイクした彼女だが、牧師の両親の元、保守的な家庭に育ったという。

「私の子供時代は、すべてが教会だった。教会の友達、教会の学校、教会で歌うこと、教会の集まり…四六時中そんな感じ」と明かした彼女は、15歳のとき、友人に聴かせてもらったクイーンの「Killer Queen」に衝撃を受けたという。

「保守的な環境で育ったからポップカルチャーには親しんでいなかったし、若者が話題にするようなロックのレコードがかかっているような環境じゃなかったの」とペリーは振り返った。

「フレディ・マーキュリーのような歌い方は聴いたことがなかったわ。あんな風に"どう思われたって平気さ。俺は俺なんだ"っていう人を知らなかったのよ。"こういう人って存在するのね、私もこうなりたい!"って思ったわ」。