ゼイン、初のソロツアーを計画中?

11 1月 2019
昨年末に全29曲のダブルアルバム『Icarus Falls』をリリースした元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが、アルバムからのシングルカット「Satisfaction」のミュージックビデオを公開した。

監督を務めたのは、ゼインのデビューシングル「PILLOWTALK」のMVも手がけていたバウハ・カスミ。戦争の犠牲となった1組の男女カップルの物語が描かれた、重々しく美しい作品となっている。MV冒頭、英語とウルドゥー語で「この愛の花が開花するまで / この心は安らかではない」という文章が映るが、その意味は最後まで見れば理解できるだろう。焼け野原に横たわる男性の胸に蓮が咲き、そのなかにいた鳥が飛び去っていくというエンディングだからだ。

この作品は、ゼインが2016年にリリースしたデビューアルバム『Mind of Mine』に収録されている、ウルドゥー語の楽曲「Intermission: Flower」の続きなのかもしれない。



ところで、ゼインはワン・ダイレクション脱退後、人前でのパフォーマンスをほとんどやってきておらず、デビューアルバムのツアーすらしていなかった。だが、グループを去ってからまもなく4年が経とうとしており、ソロアーティストとして2ndアルバムもリリースしたことで準備が整ったようだ。

ゼインは数日前、「ステージに立つのが待ちきれないよ!その日のためにたくさんの楽曲も揃ってる!ハハ、準備万端な気分さ」とツイートしていた。ゼインの次なる動きに期待できそうだ。
 
Category:

Latest News

ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデに感謝

Music

トラヴィス・スコット、寄付金で中絶禁止法に抗議

Celeb

エイミー・シューマー、出産からわずか2週間でステージ復帰

Celeb

イタリアンレストランに食べられるレオナルド・ダ・ヴィンチが登場!

Culture

『ジョン・ウィック:パラベラム』、『アベンジャーズエンドゲーム』を抑えて首位

Movie

ウーピー・ゴールドバーグ、30パーセントの確率で死んでいたかも!?

Celeb

ジョニー・デップ、法廷で自らアンバー・ハードを非難

Movie

ドレイク、高校時代のメモ帳が高額で売りに出される

Celeb