ジャレッド・レト、ジョーカー役奪われ最新映画の製作阻止を試みていた?!

21 10月 2019

2016年公開の映画『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じたジャレッド・レトが、ホアキン・フェニックスが同じくジョーカーを演じた最新映画『ジョーカー』のアイデアに憤慨し、製作を阻止しようとしていたことが明らかとなった。
 

DC Comics
 
ジャレッドは『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じるに際し、あえて孤独な環境を作りそれに耐えたり、精液まみれの雑誌やブタの死骸といった不気味なプレゼントを共演者に贈ったりと、何か月も時間をかけて徹底的に役作りをしていた。
 
そのため、THRによれば、すっかり"ジョーカーは自分のもの"モードに入ってしまっていたジャレッドは、ワーナー・ブラザースが自分以外の俳優をジョーカー役に当て『ジョーカー』の製作にゴーサインを出したことが気にくわなかったのだという。
 

 
情報筋によれば、『ジョーカー』製作の話を嗅ぎ付けたジャレッドは、「CAAで自身と(同作の)トッド・フィリップス監督のエージェントを痛烈に批判しただけでなく、音楽活動上のマネージャーであるアーヴィン・エイゾフにワーナーの親会社の代表に電話をかけるように指示を出した。というのも、『ジョーカー』の製作を止めるように直談判しようとしていた」のだった。
 

Warner Bros Pictures
 
残念ながら、現在撮影が進んでいる『スーサイド・スクワッド』の続編にはジャレッドはキャスティングされていない上、スピンオフ作などの発表もされておらず、"ジャレッドのジョーカー"時代は終わりを迎えたと言わざるを得ない。一方でホアキンが主演を務める最新映画『ジョーカー』は、公開からわずか2週間で全世界興行収入が5億4,000万ドル(約540億円)を突破しており、この調子でいけば10億ドルに到達するのではないかと言われるほどの人気ぶりを見せている。
 

 



Category:

Latest News

新アルバム『Romance』をリリース! 情熱の歌姫、カミラ・カベロを徹底解説!

音楽

ジャスティン・ティンバーレイク、不倫報道受け謝罪の声明を投稿

映画

ビリー・アイリッシュ、最新MV「xanny」のテーマは“不快感”

音楽

史上最恐のストーカーがLAに上陸!『YOU』シーズン2の予告が解禁に

ドラマ

ジェイソン・モモア、クリス・プラットのとある行動に“プチ”切れ?!

セレブ

『リバーデイル』共演者カップルが破局?!

ドラマ

トーンズ・アンド・アイ、全英チャートで今年最長のNo.1シングルに!

音楽

ホワイ・ドント・ウィー、今年11曲目となる新曲をリリース!

音楽