ホールジ、ジー・イージーとの破局を報告しなかった理由とは?

31 1月 2019
昨年10月、オンオフを繰り返していた相手=ジー・イージーと再び破局したと報じられていた歌手ホールジー。昨年7月の破局時にはSNS上で自ら報告していたが、今回は特にアナウンスを行っていなかった。ホールジーはGlamour誌最新号の巻頭インタビューにて、以前のように声明を発表すべきだというプレッシャーを感じていたが、最終的には芸術家として自身の気持ちを作品「Without Me」で表すことに決めたとこう語っている。

「私が学んだ最大の教訓とは、ニュースのヘッドラインではなく芸術を作るってことだったの」 「SNSが普及しているこの世の中、ミュージシャンからゴシップを提供する人物に転身するのはとっても簡単なことだからね」
 


「Without Me」は昨年10月にリリースしてからヒット中。彼女にとって初の全米シングルチャート1位を獲得した曲となり、同チャートでは現在もアリアナ・グランデの新曲「7 Rings」に続き2位にランクインしている。ちなみにホールジーとアリアナと言えばライバル関係にあると囁かれているが、実際にはお互いにサポートしあっているそうだ。

ホールジーは「私たちはオリジナリティ溢れる女性であることを求められる世界に住んでいるの、それってクレイジーよ」 「たくさんの男性アーティストたちがお互いにパクリあっているのにね。彼らは同じようにドレスアップして、同じスタイリストを雇って、同じ洋服を着て、同じ作曲家たちに同じような曲を書いてもらってる」と話し、自分たちはお互いを鼓舞することで忙しいため、確執関係などを祭りあげようとする人たちを相手にしない新世代の女性ポップスターであると形容した。

また、「私たち世代のアーティストについて1つだけ言いたいことがある。私たち、敵対していません。ロードやアリアナとやりとりしているメッセージは"ねえ、あなたの新作めっちゃ好き。いつツアーに出るの?"って感じ。いつもそう。お互いに支えあっているのよ」と付け加えた。

ホールジーはニューアルバムについても言及。「今までは私自身や私の精神的な健康について、そして私の経験をもとに内省的な曲を書いてきた。そして今、私の内なる声や問題がさらに大きくなってきちゃって、それをもっと芸術作品に落とし込もうと思ったの」 「次の作品では、今までとは対照的な、客観的な視点のアルバムになっていると思う」とコメントしていた。
Category:

Latest News

テイラー、子作りに関する差別的な質問を受け見事な切り返し

Celeb

エド・シーラン、新作よりシングル「Cross Me」を先行リリース!

Music

ザ・ローリング・ストーンズ、あのヒット曲の権利をザ・ヴァーヴに返還

Music

オリヴィア・パレルモ、カール・ラガーフェルドからコレクションを発表

Celeb

マディソン・ビアー、狙撃者を目撃しパフォーマンスを中断

Music

タイカ・ワイティティ監督、マイケル・ジャクソンの伝記映画を降板

Movie

アリー・ブルック、ソロ作第2弾「Lips Don't Lie」をリリース!

Music

リタ・オラ、今後の女優業に意欲!

Celeb