『IT』制作開始?大人と子供、それぞれのキャストが大集合!

4 7月 2018
メイン州デリーを舞台にいじめられっ子グループ"ルーザーズ・クラブ"と人喰いピエロ"ペニーワイズ"との対決を描いたホラー映画『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』の続編『It: Chapter 2』(原題)が本格的に制作開始となったようだ。先日、トロントの撮影セットにルーザーズ・クラブのメンバーが大集合。そのグループ写真がSNSに投稿された。

ワーナー・ブラザーズは7月1日、大人版ルーザーズ・クラブのキャスト達が初めて脚本を読み合わせている様子を映画公式ツイッターに投稿。ジェシカ・チャスティン(ベバリー・マーシュ役)、ビル・ヘイダー(リッチー・トージア役)、ジェームズ・マカヴォイ(ビル・デンブロウ役)、ジェイ・ライアン(ベン・ハンスコム役)、ジェームズ・ランソン(エディ・カスプブラク役)、イザイア・ムスタファ(マイク・ハンロン役)、アンディ・ビーン(スタンリー・ユリス役)が和気あいあいと話している様子が写っており、これを見る限り『It: Chapter 2』でもルーザーズ・クラブの仲は固い絆で結ばれているようだった。
 

また、この写真には写っていないものの、続編でもスウェーデン人俳優のビル・スカルスガルドが引き続きペニーワイズを演じることも発表されている。
 
 

🤡 🎈

Bill Skarsgårdさん(@billskarsgard_)がシェアした投稿 -



前作では、自分たちを脅かした邪悪な存在が新世代の子供たちを再び襲いに戻ってくるのか、27年後に再会して確認しようと誓いを立てていたルーザーズ・クラブ。だが実際にその時が来たとき、彼らは恐怖に立ち向えるのか?それともトラウマが蘇って逃げ出してしまうのか――?

ホラーの帝王スティーヴン・キングによる原作と比べると、『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』では描かれていない物語がまだたくさんある。また、アンディ・ムスキエティ監督曰く、続編は原作のように2つのタイムラインを行き来するようなものになるそうだ。1,138ページからなる原作では、ルーザーズ・クラブが子供だった1957年と、彼らが大人になってデリーに戻った1985年の話が絡み合ってストーリーが展開されている。映画版において前作では1989年が舞台となっていたため、続編では2016年が物語の軸となりそうだ。

いずれにせよ、続編は大人版ルーザーズ・クラブの物語に偏った内容にはならず、過去のペニーワイズとの戦いや、物語の鍵となるような子供時代の体験など、フラッシュバッグシーンも多く描かれることになるだろう。なぜなら、子供版ルーザーズ・クラブのリユニオン写真も先日SNSに投稿されたのだ。投稿したのは主人公ビル・デンブロウ役のジェイデン・リーベラー。ワイアット・オレフ(スタンリー・ユーリス役)、ソフィア・リリス(ベバリー・マーシュ役)、ジェレミー・レイ・テイラー(ベン・ハンスコム役)、フィン・ウルフハード(リッチー・トージア役)、チョーズン・ジェイコブズ(マイク・ハンロン役)、ジャック・ディラン・グレイザー(エディ・カスブラク役)と共に肩を組んでいる写真をインスタグラムに投稿していた。
 
 

Chaos

Jaeden Lieberherさん(@jaedenwesley)がシェアした投稿 -



『It: Chapter 2』は2019年9月6日(木)に全米公開予定。

(C)Warner Bros.
Category:

Latest News

ブルーノ・マーズ、新曲「Please Me」で再びカーディ・Bとコラボ!

Music

ホールジー、新タトゥーはあの有名人の顔!

Celeb

レディー・ガガ、カーディ・Bの味方に!

Celeb

キム・カーダシアン、悲しすぎる美の秘訣を明かす

Celeb

ARTIST OF THE MONTH: ザ・ローリング・ストーンズ

Special

MTV LIVE PREMIUM: 日向坂46 -1st Story-

Special

日向坂46 VideoSelects

VideoSelects

欅坂46 SPECIAL

Special