ティム・マグロウ、自身の名前を冠したテイラー・スウィフトの楽曲には「不安を感じていた」

21 1月 2021
今や世界的スーパースターとして多くの人に愛されるテイラー・スウィフトは、2006年にデビューシングル「Tim McGraw」をリリースしその輝かしいキャリアをスタートさせた。しかし、自分の名前がこの曲のタイトルになったカントリーシンガーのティム・マグロウは、当時どのように思っていたのだろうか。今回Apple Musicのインタビューに応じたティムは、15年越しに当時の心境を語ってくれた。

曲の内容にはとても感心したと話す一方で、「一抹の不安を感じた」のもまた事実であると、ティムはこう振り返った。

「誰かが自分のことを歌にしてしまうほど、俺はそんなにも年を取ったのかと最初は思ったよ。人気が少し落ちてきちゃったのかなぁ、なんてね。俺はまだちゃんとカッコイイのかなぁ?って。でもその後誰かに、テイラーは中学1年生の時、数学の授業中にあの曲を書いたんだって教えてもらってから、その不安は解消されたよ。彼女がすごく若かった頃に書いた曲なのだと知ってね。"俺はもう年寄りなんだ"って感じなくて済んだんだ」



2006年にリリースされたテイラーのデビューシングル「Tim McGraw」は、全米公式シングルチャート「Billboard Hot 100」で40位を記録したほか、「Hot Country Songs」チャートでも6位を獲得。そして翌年開催された「Annual Academy of Country Music Awards」では同曲を生演奏し、その授賞式でテイラーは初めてティムと対面を果たしたのだった。

そこから交流が始まったテイラーとティムは、2013年にティム名義の楽曲「Highway Don't Care」でコラボを果たしたほか、2018年にはテイラーの「Reputation World Tour」のステージにて「Tim McGraw」を共にパフォーマンスし話題を呼んでいた。





Category:

Latest News

2021年「第78回 ゴールデン・グローブ賞」のノミネーション一覧が発表に!

映画

モーガン・ウォレン、差別的発言により「ACM Awards」ノミネート資格を取り消される

音楽

ビービー・レクサ、“薬物の過剰摂取で死去”という嘘のツイートについて言及

音楽

レディー・ガガがオレオとコラボ?!緑のクリームの正体とは一体…?!

音楽

リル・ウージー・ヴァート、ダイヤモンドを額に埋め込む?!あのマーベル キャラとの比較も

音楽

プリヤンカー・チョープラーが激白!交際開始からたった2ヶ月で「プロポーズされた」

音楽

ブラザーズ・オズボーンのT.J. オズボーン、同性愛者であることを告白

音楽

プーマ・ブルー、デビューアルバムから新曲「Already Falling」を先行リリース

音楽