ジェイソン・モモア、監督の不適切な行為を告発したレイ・フィッシャーを擁護

16 9月 2020
映画『ジャスティス・リーグ』にてサイボーグ役を演じたレイ・フィッシャーが、同作の再撮影をしたジョス・ウェドン監督の言動について告発を行った件について、同作で共演したジェイソン・モモアがレイを擁護する声明を発表した。
 
レイ・フィッシャーは先日、同作の撮影現場でウェドン監督が有害かつ非友好的な環境を作り出していたと告発。併せて、DCの重役であるジェフ・ジョーンズとジョン・バーグがそのような振る舞いを容認し、組織全体を通して問題行為がはびこっていたと主張したのだ。
 
『ジャスティス・リーグ』でアクアマン役を演じたジェイソンは今回、そんなレイを擁護し、また彼の主張を裏付ける声明をSNS上にアップした。
 

 
「このクソみたな事は今すぐやめて、調査を行うべきだ。ワーナー・ブラザースの管理下でレイ・フィッシャーや他の人たちが経験したことについて、ちゃんとした捜査を行う必要がある」
 
さらにジェイソンは、ジェフ・ジョーンズとジョン・バーグが関わるワーナーのアニメ映画『フロスティ・ザ・スノーマン』で自身が声優として出演しているというニュースが伝えられた件について、本件と結び付けてこう非難した。
 
「『ジャスティス・リーグ』の再撮影の現場で俺たちがひどい扱いを受けていたというレイ・フィッシャーの告発から注意をそらすため、俺の許可なしに『フロスティ・ザ・スノーマン』に関するフェイクニュースを流すなんて、本当に頭がどうかしてる。深刻なことが起きたんだ。調査を行う必要があるし、関わった人には説明責任があるんじゃないのか」
 
またこの声明の最後には、「#IStandWithRayFisher(俺はレイ・フィッシャーの味方だ)」というハッシュタグも添えられていた。
 
レイはその後、このジェイソンの投稿を自身のSNSでもシェア。「Accountability(説明責任) > Entertainment(エンターテインメント)」と書き、改めて自身の主張に対して説明を行うよう、DCやワーナー・ブラザースに対し求めたのだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Let's Go!!! #BORGLIFE My Brother @prideofgypsies 🔱 A>E

Ray Fisher(@ray8fisher)がシェアした投稿 -


 

 



Category:

Latest News

10月放送番組に関するお知らせ

News

テイラー・スウィフトのストーカー、脅迫の手紙を送り続け30ヶ月間の懲役を言い渡される

音楽

ハル・ベリー、最新のインスタ投稿でヴァン・ハントとの交際を認める

セレブ

『ハイスクール・ミュージカル』スターのアシュレイ・ティスデイル、第一子妊娠を発表!

音楽

サム・スミス、3年ぶりニューアルバムの発売決定!先行曲「Diamonds」をリリース!

音楽

リゾ、離婚が報じられたカーディ・Bに花束と手書きのメッセージカードを贈る

音楽

エルトン・ジョン、未発表曲60曲を含む豪華ボックスセットのリリースが決定!

音楽

『チアの女王』出演者、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕

セレブ