デジタルデトックス推奨!お正月旅行におすすめの「Kindled」

27 9月 2018
年がら年中仕事の連絡が途絶えず、旅行を100%楽しむことができない…そんな人におすすめの旅先は、豪シドニーから約3時間で行くことができるオーベロンにある小さな家「Kindled」だ。

via GIPHY



静かで平和な田園地帯にて、手作業で建てられたこの木製の家は、テクノロジーから離れて大切な人との会話や自然と触れ合うことを勧める宿泊施設。ここに泊まれば、美しい日の出や日の入りの景色、満点の星空を独り占め。運が良ければ、カンガルーやウォンバット、牛や鳥など野生動物の観察もできるそう。
 


「Kindled」はドアを開けると木の香りがふわりと漂い、清潔で心地よい休憩スペース、ボードゲームや本が並んだ本棚が目の前に現れる。リビングルームはミニキッチン付き。食材を購入してから泊まりに行くのがベストだが、万が一忘れたとしても、牛乳・紅茶・コーヒー・ハーブティー・香辛料・パスタなどが完備されている。ちなみに「Kindled」公式は、宿泊中の食材として地元産のベーコン・卵・ビール・ワインの他、ハーシーズのマシュマロ・スモア・キットを買うことをおすすめしている。



雨水を再利用した温かいシャワーが浴びられる浴室は、小さいながらスタイリッシュ。嬉しいことに、ふかふかのタオルも準備されている。また、ベッドルームはハシゴを上がったロフト階。世界中で高評価を受けているコアラ・マットレスが設置され、星空を見られる天井窓も付いている。





食事の準備が億劫な人でもご安心を。20分ほど運転すればバサーストの街へ出られるため、そこでバー/レストランの「Two Heads Brewing」や「Dogwood」などで食事を採ることができるはず。バーテンダーとして全豪1位を獲得した経験を持つエヴァン・スタンリーが経営している「Dogwood」は特におすすめ。ドリンクの分野で頂点を極めた彼が、情熱を注いで提供するアメリカンフードは絶品。フライドチキンやブルーチーズ・ブロッコリー、メープルバターのコーンブレッドにあわせて飲むシエラネバダ(※アメリカのクラフトビール)は最高だ。
 


テクノロジーは便利なため完全に断ち切ることは難しいが、それ故に疲弊することもあるだろう。そんななか、数日間だけでもデジタルデトックスして、愛する人たちと大自然のなかで過ごす体験はプライスレスだ。忙殺されている人ほど、お正月休みにでも訪れてほしい。週末はすぐに埋まってしまうため予約はお早めに。





Category:

Latest News

MTV洋楽虎の穴! 第05回 「MTV音楽と映像の世紀! 80年代名曲に、洋楽黄金時代の幕開けを聴く!(後編)」

連載・コラム

ジョージ・クルーニー、バイク事故時に死を覚悟

Show

カーディ・B、トーク番組を企画中!?

Show

ゾーイ・クラヴィッツが極秘結婚?

Celeb

アリアナ・グランデ、爆破テロ事件から2年を迎えたマンチェスターに敬意

Music

プラダ、来年から毛皮を全面廃止へ

Culture

ウィル・スミス、妻ジェイダ・ピンケット=スミスの番組は時に耐え難い!?

Show

ジャスティン・ビーバー、シュミットから制汗剤発売へ

Celeb