中絶禁止法で揺れるアメリカ…ミラ・ジョヴォヴィッチが自身の体験談を告白

17 5月 2019
アメリカ・アラバマ州のケイ・アイヴィー知事は14日、人工妊娠中絶を全面的に禁止する法案に署名した。これにより、レイプなど性的暴行の被害による妊娠でも中絶が認められない、全米で最も厳しい中絶禁止法が設立したことになる。

この中絶禁止法の可決には、多くのセレブたちも積極的に自らの意見を述べており、そのほとんどは法案を非難するものであった。女優のミラ・ジョヴォヴィッチもその一人で、ポール・W・S・アンダーソン監督との間に2人の子供を持つ彼女は、2年前にとある映画を撮影していた際に妊娠4か月の体で、中絶の手術を受けなくてはならなくなったという過去を明かした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I don't like to get political and I try to only do it if a really have to and this is one of those times. If someone doesn't want to continue reading, you have been warned. Our rights as women to obtain safe abortions by experienced doctors are again at stake. Last Tuesday, Georgia Governor Brian Kemp signed a draconian bill into law that outlaws all abortions after six weeks — before most women even realize they're pregnant — including in cases of RAPE OR INCEST. This makes Georgia the sixth state to pass such a restrictive six-week abortion ban, joining Ohio, Mississippi, Kentucky, Iowa, and North Dakota. These laws haven't been passed yet, but lawmakers in these states are trying. Abortion is hard enough for women on an emotional level without having to go through it in potentially unsafe and unsanitary conditions. I myself went through an emergency abortion 2 years ago. I was 4 1/2 months pregnant and shooting on location in Eastern Europe. I went into pre term labor and told that I had to be awake for the whole procedure. It was one of the most horrific experiences I have ever gone through. I still have nightmares about it. I was alone and helpless. When I think about the fact that women might have to face abortions in even worse conditions than I did because of new laws, my stomach turns. I spiraled into one of the worst depressions of my life and had to work extremely hard to find my way out. I took time off of my career. I isolated myself for months and had to keep a strong face for my two amazing kids. I started gardening, eating healthier and going to the gym everyday because I didn't want to jump into taking anti depressants unless I had tried every other alternative. Thank God I was able to find my way out of that personal hell without turning to medication, but the memory of what I went through and what I lost will be with me till the day I die. Abortion is a nightmare at its best. No woman wants to go through that. But we have to fight to make sure our rights are preserved to obtain a safe one if we need to. I never wanted to speak about this experience. But I cannot remain silent when so much is at stake. #prochoice #prochoicegeneration

Milla Jovovichさん(@millajovovich)がシェアした投稿 -



アラバマ州での同法案可決に先立ち、先週はジョージア州でも中絶禁止法が可決されている。ミラはセルフィーをインスタグラムに投稿し、こう綴っている。
「政治を話題にしたくはないけれど、本当にしなくてはいけないことがあるなら、その時だけは話題にするつもり。今回はまさにそれよ。もし読み続けたくないのなら、止めておいた方がいい」

「経験豊富な医師により安全に中絶することができるという私たち女性の権利が、また脅かされている。先週木曜日に、ジョージア州のブライアン・ケンプ知事が、レイプや近親相姦の場合も含め、ほとんどの女性が妊娠に気づかない6週目以降の全ての中絶を違法とする酷い書類に署名した」「これにより、ジョージア州はオハイオ州やミシシッピ州、ケンタッキー州、ノースダコタ州に続き、妊娠6週目での中絶を禁止する法案を通した6番目の州となった。これらの法律はまだ成立していないけれど、これらの州の政治家は成立させようとしている。中絶は、危険で不衛生な状況を強いられることなしでも、女性にとって感情的に十分辛いもの」

「私自身、2年くらい前に(中絶の)緊急手術を受けた。妊娠4か月半だったけれど、東欧で撮影中だった。早期分娩になって、手術中は意識を保たなければいけないと伝えられた」「今までで最も恐ろしい体験の1つだった。今も悪夢を見る。自分は1人でどうしようもなかった。新しい法律のせいで、私が経験したものよりも酷い状況で女性が中絶に直面するかもしれないことを考えると、胃が痛くなる」

手術後に負のスパイラルに陥り、その後数カ月の間、仕事や人との触れ合いから距離を置いていたというミラは、自身の体験談について話したくなかったものの、「中絶は最高の悪夢。これを経験したいと思う女性はいない。でも、必要な時に安全に中絶する権利を確保するために闘わなくてはいけない。(中絶の権利が)危機に晒されているんだから、黙っていることなんてできない」と続けている。


Category:

Latest News

ニッキー・ミナージュ、マイリー・サイラスへの反撃を開始!

セレブ

リアム・ギャラガー、息子の退学処分を「誇りに思う」

セレブ

アリアナ、精神状態を考慮し追加公演はアメリカ限定に

音楽

『小悪魔はなぜモテる?!』のスピンオフ、制作が進行中!

映画

ドレイク、ニューアルバム制作に着手へ?

音楽

「MTV LIVE PREMIUM」 にベリーグッドマンの出演が決定!

ニュース

さらばキッス!史上最大規模のファイナル・ツアー、12月に日本上陸決定!

音楽

フレディ・マーキュリー、幻の未発表曲がリリース!

音楽