ラテンの新星! ベッキー・Gが「2019 MTV EMA」のホストに決定!

9 10月 2019

歌、ダンス、ラップ、演技――なんでもござれ! ベッキー・Gは思いつく限りのあらゆる才能を持つ、見過ごせないアーティストだ。スポットライトを浴びるために生まれてきた彼女は、伝説的としか言いようのない形で、その多才なキャリアを積み上げてきた。11月3日、彼女の経歴には「世界最大級の音楽授賞式のホスト」という肩書が加わることになるだろう。スペイン・セビリアのFibesエキシビション&コングレスセンターから世界中に生中継される「2019 MTV Europe Music Awards」(以下EMA)のホスト役を、彼女が務めることが発表されたのだ。

 

ベッキー・Gは、2011年にネットに投稿したカバー曲の数々で注目を集め、以降の音楽シーンを席巻してきた。わずか2年後にはデビュー・シングルの「Becky from the Block」をリリース、ミュージック・ビデオにはジェニファー・ロペスがカメオ出演し、話題を呼んだ。さらには、若干22歳にしてビルボードのラテン・エアプレイ・チャートで2つのナンバーワン・ヒット(「Mayores」と「Sin Pijama」)を飛ばし、2018年のラテンアメリカ音楽賞では、「最人気女性アーティスト」と「最人気アーバン・ソング」の2部門受賞の栄誉に輝いている。

 

あるいは、J. バルヴィンやピットブル、CNCO、エイコンなど数多のアーティストたちとのコラボで、彼女を知る人もいるだろう。一緒にツアーをしたスターには、ケイティ・ペリーだって含まれる。ケイティはかつてのEMAホストにして、32部門のノミネーションと6つの賞を受賞しているEMAの大先輩だ。加えて、 今年の MTV EMA では、アリアナ・グランデ、カミラ・カベロ、ホールジー、ジョナス・ブラザーズ、ショーン・メンデスらと肩を並べて、最優秀ポップ賞へのノミネートを受けている。なんともすごいライバルたちだ!

 

誰も驚かないだろうが、並ぶ者のない働き者ベッキー・Gの活動の場は、音楽だけにとどまらない。FOXテレビのエミー賞受賞ドラマ『Empire 成功の代償』シリーズでのゲスト出演に加え、2017年の映画『パワーレンジャー』では、メジャー映画史上初となるLGBTQのスーパーヒーローを演じて歴史を作っている。「ユー・ゴー、ガール!」だ。ベッキーのイエロー・レンジャーは素敵だったし、2019 MTV EMAの大スクリーンで彼女を見られるのは、最高の喜びだ。


思い出してほしい。MTV EMAの公式サイトで、お気に入りアーティストに投票できるのは、11月3日の朝7時(日本時間)までだ。日本からでも投票可能なので、積極的に投票して推しアーティストを応援しよう! EMAの最新情報は、Instagram、Snapchat、TwitterFacebook  などのSNSアカウント、そして公式サイト mtvema.com でチェックしてほしい。
 

 


Category:

Latest News

「第62回グラミー賞」のノミネートが発表!最多はリゾで8部門

音楽

ハリポタ共演者、撮影中のエマ・ワトソンとトム・フェルトンの関係を回想

セレブ

コールドプレイ、新作発売記念コンサートのYouTube生配信が決定!

音楽

ヴィンス・ステイプルズ、来日公演の開催が決定!

音楽

ベラ・ハディッド、“投稿削除事件”後にセレーナ・ゴメスに連絡していた

セレブ

ポスト・マローン、ツアーの追加日程を発表!

音楽

映画『キャッツ』、新たなトレーラーを公開!

映画

ヴルフペック、ボーナストラック4曲収録の日本盤『Hill Climber』をリリース

音楽