ジャスティン・ビーバー、飼い猫をめぐり動物愛護団体と衝突!

8 10月 2019
ジャスティン・ビーバーが、新たに家族に加えた2匹の子猫をめぐり、動物愛護団体「PETA」と衝突を繰り広げている。
 
PETA(正式名称はPeople for the Ethical Treatment of Animals(動物の倫理的な扱いを求める人々の会))は以前より、その過激な行動でよく知られている団体だが、今回その標的をジャスティンに向けた。というのも、ジャスティンはつい最近2匹の子猫を35,000ドル(約350万円)で購入し、スシとツナと名付けたのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SUSHI ON THE LEFT TUNA on the right

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿 -


 
この情報を耳にしたPETAは、お金は貯金し、動物を"買う"のではなく"引き取る"べきだとジャスティンに抗議。Peopleを通じて、「ベイビー、ベイビー、ベイビー、ノーーーー!交配種を欲しがる欲求を過熱させるよりも、地域の動物保護施設から子猫を引き取ることでその命を救うことができると、ジャスティン・ビーバーであれば世界中のファンに影響を与えることができるのに。なのに実際は、動物の人口過剰による危機に"貢献"し、どうやら「I don't care(どうでもいい)」という姿勢になるみたいだね」と、ジャスティンを批判する声明を発表していた。
 
ジャスティンがリリースした楽曲の歌詞や曲名を用いて抗議文を完成させた点については感心だが、ジャスティンはこの声明に不快感を覚えたようで、次のようにインスタグラム・ストーリーで反撃に出ていた。
 
「PETA、もっと現実的な問題に専念したらどうだ。密猟とか動物虐待についてとかね。僕が特定の種類の猫を欲しがったことで、君たちは動転してるっていうの?僕が犬のオスカーを飼い始めた時、君たちは何も言わなかった。オスカーは保護犬でもないのに。僕ら人間は、保護した動物しか飼うことを許されないの?もちろん保護した動物の里親になることは間違ったことじゃない、でも、僕は里親だけが方法じゃないと思うし、そのためにブリーダーという人たちがいるんじゃないのかな」
 

Instagram
 
「PETA、今海をさまよっているプラスチックの回収の手伝いでもしたら?どうか僕の美しい猫たちのことは放っておいてくれ」
 

Instagram
 
現在のところ、このジャスティンのコメントに対しPETAは返信をしていない。そんな中、ジャスティンは自身のペットたちとの生活を楽しんでおり、ついにはスシ&ツナ専用のインスタグラムアカウントを開設している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Family feat. @oskietheposkie

Justinさん(@kittysushiandtuna)がシェアした投稿 -




 


Category:

Latest News

ALEX YORKのワンポイント英会話 第05回「桃太郎の歌 パート⑤」

連載・コラム

セレーナ・ゴメス、ニューアルバムのジャケット、タイトル、トラックリストを解禁!

音楽

エイバ・マックス、ファンからのリクエストに応え「Salt」を正式にリリース

音楽

アシュレイ・ベンソン、カーラ・デルヴィーニュとの破局報道について言及

セレブ

エド・シーラン、イギリスにおいて2010年代で最も成功したアーティストに!

音楽

ジュース・ワールドの遺族、声明を発表

音楽

ハリー・スタイルズ、道路の真ん中でサプライズコンサートを決行?!

音楽

グレタ・トゥーンベリ、トランプ大統領のツイートにまたもジョークでリアクション

カルチャー