プラダ、来年から毛皮を全面廃止へ

24 5月 2019
プラダが来年から毛皮使用を取り止めることを発表した。同ブランドは2020年の春夏コレクションから毛皮廃止に踏み切るそうだが、現在までに作られた毛皮アイテムに関しては引き続き販売する構えだという。
 
ミウッチャ・プラダが声明を通し、「エシカルな商品への需要が高まる一方、私たちは革新的な素材に着目することで、創造的デザインの新たな境界線を模索しています」と語る中、毛皮に反対する国際連盟「ファー・フリー・アライアンス(FFA)」のジョー・ヴィンディング会長は「プラダグループが現在続々と増えるファーフリーブランドの仲間入りをしました。消費者の動物に対する姿勢が変わってきたのです」と歓迎の意を表している。
 
一方、昨年にはヴィーガンで動物権利活動家としても知られるパメラ・アンダーソンがプラダに毛皮廃止を求める手紙を送り話題となっていた。
 
「あなた方の創造性に長年感服しています。そしてプラダの時代を超えたナイロンバッグにも。しかしファーフリーを掲げず、単に動物の皮革の使用量を減らしているだけのプラダには失望しました」「段階的措置は毛皮工場の小さな檻で弱り切っている動物たちにとって何の慰めでもありません。肛門に電極棒を刺して感電死させられたり、生きながら皮を剥がされる動物たちが今現在いるのです。あなた方に毛皮の即刻の廃止を要求します」「人道にかなった毛皮とはすなわち慈悲深い殺害であり、そんなものは存在しません。毛皮工場のOA(原産国認証)、すなわち動物を人道的に扱いその後殺すというプログラムに加盟している国でさえ、PETA他動物の権利を守る様々なグループによって、残虐な行為が横行していることが報告されています」
 
ちなみにバーバリー、グッチといった大手ブランドは昨年の春夏コレクションから毛皮廃止を決定、既製の毛皮製品に関しても漸次販売を減少していく方針を示していた。

Latest News

「第62回グラミー賞」のノミネートが発表!最多はリゾで8部門

音楽

ハリポタ共演者、撮影中のエマ・ワトソンとトム・フェルトンの関係を回想

セレブ

コールドプレイ、新作発売記念コンサートのYouTube生配信が決定!

音楽

ヴィンス・ステイプルズ、来日公演の開催が決定!

音楽

ベラ・ハディッド、“投稿削除事件”後にセレーナ・ゴメスに連絡していた

セレブ

ポスト・マローン、ツアーの追加日程を発表!

音楽

映画『キャッツ』、新たなトレーラーを公開!

映画

ヴルフペック、ボーナストラック4曲収録の日本盤『Hill Climber』をリリース

音楽