イヤーズ&イヤーズのオリー、リアーナの対応に大感激!

12 7月 2018
先週金曜日にニューアルバム『Palo Santo』をリリースしたイヤーズ&イヤーズが人気番組『TRL』に出演した。

ホストを務めるスウェイより、まずはバンドの生い立ちを教えてほしいと尋ねられた彼らは、2010年にマイキーとエムリがインターネットを通じてバンドメイトになった後、マイキーが知人のハウスパーティに参加したことで運命が大きく変わったと話した。パーティー会場で寝落ちしていたマイキーが翌朝、浴室から聞こえてきたフージーズの「Killing Me Softly」に気づいたのだ。その天使のような歌声の持ち主こそがオリーだったとのこと。



次の話題はニューアルバム『Palo Santo』について。先日、『The Graham Norton Show』の収録現場で会ったリアーナに『Palo Santo』の最初のレコード盤を渡し、インスタグラムで喜びを爆発させていたオリー。その件について聞かれると、リアーナからの感動的な対応を回想した。オリーが「リアーナ、これを君に渡したいんだ。もしいらなかったら捨てていいから。とにかくこれを君にプレゼントしたいんだ」と言ってレコードを渡したところ、リアーナは「そうする人もいるかもしれないけど、私は絶対にしないわ」と言ってハグしてくれたと明かし、改めて感激の気持ちを表明した。



また、ニューアルバムと関連し、架空の都市「Palo Santo」を舞台に物語が展開されているMVシリーズについての解説も行われた。バンドによると、主人公オリーはアンドロイドの街で暮らすことを決めたため首輪をつけていること、またS&M的な意味合いも含んでいることが明らかに。スウェイが、首輪を外すこと=自分の殻を破るといった意味だと思っていたと持論を述べると、その見解も完全に間違いではないとオリーは回答。例の首輪は一つの意味ではなく、玉ねぎのように何層にも意味が込められていると述べていた。



『Palo Santo』はクィアアイコンであるオリーの恋愛体験をベースにした曲もあるが、どんな人でも共感を得られる内容だと話していたオリー。最後にLGBTQ+コミュニティの人たちをサポートしたいストレートな人たちに対するアドバイスを求められた彼は、話したくなさそうだったらそっとしておいて欲しいこと、そしてもし何か相談をされた場合には、性癖を理解しているといったアプローチではなく、ただ単に話を聞くことができるという姿勢で接して欲しい、と述べていた。

Category:

Latest News

ブルーノ・マーズ、新曲「Please Me」で再びカーディ・Bとコラボ!

Music

ホールジー、新タトゥーはあの有名人の顔!

Celeb

レディー・ガガ、カーディ・Bの味方に!

Celeb

キム・カーダシアン、悲しすぎる美の秘訣を明かす

Celeb

ARTIST OF THE MONTH: ザ・ローリング・ストーンズ

Special

MTV LIVE PREMIUM: 日向坂46 -1st Story-

Special

日向坂46 VideoSelects

VideoSelects

欅坂46 SPECIAL

Special