ボブ・ディラン、演奏中断しライヴ中の携帯電話禁止を呼びかけ

19 4月 2019
16日、オーストリアのウィーンでコンサートを行ったボブ・ディランだが、ライヴ中に切実な思いを観客に伝える一幕があった。ボブと言えば、自身のライヴでは携帯電話を利用した写真撮影を止めるよう長いこと観客に義務づけているアーティストだが、ウィーン公演で改めてそのことを観客に呼びかけたのである。

ボブは「Blowin' in the Wind」のパフォーマンス中突如歌うことを止め、ライヴの様子を携帯電話のカメラで撮影するのを止めるよう注意。観客の中にパフォーマンスの様子を撮影しようとしたファンを見つけたことで、改めてボブ・ディランの"ルール"を示したのである。

Stereogumはこの時の様子を動画でインスタグラムに投稿している。ボブは「写真を撮るのか、撮らないのか。それによって我々は演奏を続けるか、それとも一時中断するかのどちらかだ。わかったかい?」と、マイクを通して観客に呼びかけていた。
 


しかしビルボード誌によると、この呼びかけの後ボブは「It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry」だけをパフォーマンスし、ステージを後にしてしまったようだ。残されたバックバンドはヴォーカルなしで「Just Like Tom Thumb's Blues」を演奏し、その日の公演はお開きとなってしまった。

ボブはこれまで、ライヴ会場に実際に足を運んだ人のみが自身のパフォーマンスを堪能できるよう、会場内での携帯電話の使用を一切禁じ、SNSなどにアップが出来ないように細心の注意を払っている。このルールを守るため、懐中電灯を持ったセキュリティーに、携帯電話を使っている観客がいないかパトロールをさせるという徹底ぶり。

ここ数年はステージ上から携帯電話使用禁止を呼びかけるシーンは見られなかったものの、ウィーン公演では我慢の限界に達してしまったようだ。


Category:

Latest News

リアム・ヘムズワース、映画のプロモツアーをキャンセル

映画

キーファー・サザーランド、バスのステップを踏み外し重傷を負う

音楽

スリップノットの公演中に死亡者が発生、警察が捜査を開始

音楽

切ない!ディプロ、有名人だと気づかれず写真撮影を頼まれる

セレブ

テイラー・スウィフト、最新曲とトラックリストを一気に解禁!

音楽

マーティン・ギャリックス、最新曲「Home」をリリース!

音楽

ホイットニー・ポート、「レオナルド・ディカプリオの誘いを断って後悔している」

セレブ

カーディ・B、映画共演者にラップ・ダンスをレッスン!

映画