リアム・ペイン、ロイヤルファミリーの前で披露した曲は…?

14 3月 2018
3月12日に英連邦記念日を祝うセレモニーがロンドンのウェストミンスター寺院にて開催され、リアム・ペインがロイヤルファミリーの前でパフォーマンスを披露した。

このセレモニーは、ヘンリー王子の婚約者で女優のメイガン・マークルがエリザベス女王と一緒に公務をする初舞台でもあった。エリザベス女王が統治する連邦53か国を記念した由緒あるセレモニーのため、リアムは「僕のために服を脱いでくれないか?」などの色っぽい歌詞が登場する自前の「Strip That Down」を披露するわけにはいかず、ロイヤル・ファミリーにふさわしい「Waiting on the World to Change」を選曲したようだ。
 

同曲はジョン・メイヤーが2006年にリリースしたヒット曲で、リアムは2人のギタリストを伴い、爽やかなアコースティックカバーを披露。見事その大役を務め上げていた。




MTV NEWS

(C)Getty Images
 
 
 
 
 
 
 
 

最新ニュース

「LUNATIC FEST.2018」にYOSHIKI出演!2万人超えの観客が大合唱とXジャンプ!

Music

ブレイク・ライブリー、夫ライアン・レイノルズに浮気を告白

Movie

強盗事件から約2年ぶり!キム・カーダシアン、パリ再訪

Celeb

アリアナ・グランデ、妊娠の噂を否定するものろけモード全開

Celeb

『サタデー・ナイト・フィーバー』日本公開40周年記念イベントへご招待!

Movie

ボン・ジョヴィ、5年振りの来日公演が決定!

Music

マイリー・サイラスとリアム・ヘムズワース、密かに結婚していた?

Celeb

ソフィー・ターナーの新タトゥー、『ゲーム・オブ・スローンズ』の結末を暴露?

Celeb