リアム・ペイン、ロイヤルファミリーの前で披露した曲は…?

14 3月 2018
3月12日に英連邦記念日を祝うセレモニーがロンドンのウェストミンスター寺院にて開催され、リアム・ペインがロイヤルファミリーの前でパフォーマンスを披露した。

このセレモニーは、ヘンリー王子の婚約者で女優のメイガン・マークルがエリザベス女王と一緒に公務をする初舞台でもあった。エリザベス女王が統治する連邦53か国を記念した由緒あるセレモニーのため、リアムは「僕のために服を脱いでくれないか?」などの色っぽい歌詞が登場する自前の「Strip That Down」を披露するわけにはいかず、ロイヤル・ファミリーにふさわしい「Waiting on the World to Change」を選曲したようだ。
 

同曲はジョン・メイヤーが2006年にリリースしたヒット曲で、リアムは2人のギタリストを伴い、爽やかなアコースティックカバーを披露。見事その大役を務め上げていた。




MTV NEWS

(C)Getty Images
 
 
 
 
 
 
 
 

Latest News

2018年「第70回 エミー賞」受賞結果を発表!

Movie

イル・ディーヴォ、ジャパンツアーが武道館からスタート!

Music

カイリー・ジェンナー、親友とのコラボコスメコレクションを発表!

Celeb

気まずい…破局前に撮影したラブラブなMVが公開に

Music

デビューアルバム発売記念!サマソニでも話題になったペール・ウェーヴスにインタビュー!

Music

ジェニファー・ローレンス、セレブたちの嘘に怒り心頭!

Celeb

エミネム、新MVは若手ラッパーたちへのメッセージ?

Music

ジャスティン&ヘイリー、既に結婚している説を否定

Celeb