ザック・エフロン、新ドキュメンタリー作品内で「ハリウッドとおさらば」の理由を明かす

16 7月 2020

今月初め、映画『ハイスクール・ミュージカル』スターのザック・エフロンがオーストラリアのバイロンベイに居住地を移そうと新居探しを行っていると報じられていたが、どうやらその理由は、アメリカで深刻化している新型コロナウイルスの感染拡大から逃げることが目的だったわけではないようだ。
 
Netflixで7月10日からシーズン1の配信が始まったザックによる新ドキュメンタリー番組『ザック・エフロンが旅する明日の地球』は、「地球の未来のために、今何ができるのか?」という疑問を胸に、ザックと健康ライフの専門家=ダリン・オリエンは、一緒に世界中を旅しながら健康で持続可能な生活様式を探求するという内容になっている。
 


 
同番組のエピソード4では、100歳以上の住民が多いサルデーニャ島を訪れ、食事の大切さについて考えを巡らすこととなるのだが、そこで出会った2人の医師から、ザックとダリンは長生きの秘訣を教わる。するとザックは、サルデーニャ島で学んだことについて、次のように語り始める。
 
「ここでは、本当に多くのことを学んだよ。健康に長生きするためには、ただ1つのことだけではなく、多くのことが関係してるんだってことも含めてね。ここでの経験から学んだことで一番心に残ったのは、住民たちはストレスの少ない生活を保ち、年をとってもアクティブなライフスタイルを取っているということ。間違いなく、僕は自分の人生に対する見方が変わったよ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Love you guys 👊😎❤️ #downtoearth #netflix

Zac Efron(@zacefron)がシェアした投稿 -


 
そしてザックは、"自分の人生に対する見方"がどのように変わったのか、その具体的な見解を次のように明かした。
 
「ハリウッドから出ていこうと思う。おさらばだ。あそこは、幸せで精神的に健全な生活が送れたり、長生きができるような場所じゃない。カリフォルニアは大好きだよ、ただ、人口の密集具合とかシティーライフの生活様式を考えると、間違いなく100歳以上まで生きるのは難しいと思う」
 
ハリウッド業界を代表する人気俳優ともあれば、日々の生活の中で様々なストレスに晒されているのだろう。本エピソード内でザックは、その苦悩についても打ち明けていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zac Efron(@zacefron)がシェアした投稿 -


 
「俳優でいることや大衆の目に晒される機会が多いことは、自然と"孤立"にもつながっていくんだ。今僕にはルームメイトがいるんだけど、時々外に出かけることが難しい。この番組を撮影するためにこうして旅を重ねる中で、友情の感覚が芽生え始めた…一緒に仕事をする仲間として友情を培い、毎日段々と健康に、そして幸せになってきてるのを自分でも感じるんだよ」
 
「そういう、自分がコミュニティーに参加している感覚ってすごく大切だと思う。僕はそうじゃない時の感覚を知ってる。孤立していてゆっくりで、誰かと関わっている時のような幸せを感じられないんだ」
 
この番組の製作を機に、どうかザックが肉体的にも精神的にも健康な人生を今後送っていけますように!
 

 



Category:

Latest News

就任式で国歌を歌ったレディー・ガガ、「『ハンガー・ゲーム』のようだった」と話題に

音楽

ティム・マグロウ、自身の名前を冠したテイラー・スウィフトの楽曲には「不安を感じていた」

音楽

ドレイク、手術を受けた右足の回復に専念するためニューアルバムの発売を延期

音楽

エリック・D・ジョンソンのバンド=フルーツ・バッツ、新作『The Pet Parade』を発表

音楽

ダコタ・ジョンソン、撮影中にパニックに陥ってしまった最新映画の“苦手なシーン”とは?

音楽

ジェシー・ネルソンの元恋人、破局直後に別の女性のヌード写真に“いいね!”

音楽

裸の遺体で発見された人気インフルエンサー、死因が判明

セレブ

フォンテインズD.C.、ソウルワックスによる「A Hero's Death」のリミックス版を公開!

音楽