ジェイミー、話題の“フィジー・ガール”に怒り

11 1月 2019
先日開催された「第76回ゴールデン・グローブ賞」のレッドカーペットで話題をさらっていた人物といえば、海外セレブ御用達のシリカ水「フィジーウォーター」のコンパニオンとして現場にいたモデル/女優のケレス・カスバート、通称"フィジーウォーター・ガール"だろう。彼女は数々の大物セレブたちのスナップ写真に写り込むことに成功し、「どこにでも現れる」とネタ扱いされていた。


「スター誕生。水分補給し続けよう」


「フィジーウォーター・ガールが水を持ってくる」


「あのフィジーウォーター・ガールは主役を奪うためにどこにでも現れる」


そんな今話題沸騰中のケレスに対して怒りの声が挙がった。彼女の行動を問題視したのは、大女優のジェイミー・リー・カーティス。うっかり撮られてしまったフィジーガールとの2ショット写真をSNSに投稿し、このように苦言を呈した。

「普段ゴシップ系のウェブサイトをあまり見ない夫が、私がCNNのウェブサイトに載っていることを教えてくれたの。私はあのとき、フィジーウォーターとモエ・エ・シャンドンの商品をトレイいっぱいに載せている若い女性たちが写り込むようなカメラ位置から確実に離れたわ。カメラマンがあの場で構えていた理由がわかったから、どちらの商品の宣伝もしたくないと大きな声でハッキリと意思表示して移動したの。この角度の写真は、背後にいた彼女から離れようとしたことが明確にわかると思う。でも横から撮影するとやっぱり写ってしまうわね。イベントのスポンサーたちは、(セレブたちに)商品の隣で撮影してもらいたいと思っているなら、許可を得る必要があるわ」
 


ケレスはGlamour誌からのインタビューでネット上の有名人になったことについて尋ねられ、「これこそ私がバズる内容よ。子どものころから人の写真に写り込んでいたと思うし」と回答している。だが、今回の件に関しては狙っていたわけではないとこのように語っていた。「時々、カメラマンたちがいろいろな角度で控えていて、たくさんのカメラに囲まれることがあるの。四方八方を塞がれちゃう感じ。だから、私が目線を外せたと思っても違うカメラによる写真には目線ありで写り込んでしまうのよ」
Category:

Latest News

ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデに感謝

Music

トラヴィス・スコット、寄付金で中絶禁止法に抗議

Celeb

エイミー・シューマー、出産からわずか2週間でステージ復帰

Celeb

イタリアンレストランに食べられるレオナルド・ダ・ヴィンチが登場!

Culture

『ジョン・ウィック:パラベラム』、『アベンジャーズエンドゲーム』を抑えて首位

Movie

ウーピー・ゴールドバーグ、30パーセントの確率で死んでいたかも!?

Celeb

ジョニー・デップ、法廷で自らアンバー・ハードを非難

Movie

ドレイク、高校時代のメモ帳が高額で売りに出される

Celeb