ガンだと診断されたダスティン・ダイアモンド、治療を開始した矢先に死去

2 2月 2021
今年の1月中旬、ドラマ『Saved By the Bell(原題)』への出演で知られている俳優のダスティン・ダイアモンドが、体に強い痛みを感じて入院。その後の検査でステージ4の癌腫(がんしゅ)を患っていると診断され、抗がん剤治療を始めたのだが、残念ながら帰らぬ人となってしまった。

ダスティンの広報担当はTMZに対し、現地時間で2月1日の朝にダスティンは亡くなったと説明。先週から急に容態が悪化し、ホスピスケア(延命処置を行わず、身体的苦痛を和らげ、精神的援助をして生を全うできるように行う医療)を望むダスティンは呼吸器を外したのだという。

代理人は、声明の中で次のように語った。

「ガンは、体のシステムを介して急速に広まっていきました」「ダスティンは苦しみませんでした。痛みに溺れることもなかったです。その点を思えば、我々は感謝しています」


Photo by Noel Vasquez/Getty Images

ダスティンは約2週間前に最初の抗がん剤治療を終えたのだが、体のどこかで発生したガンは肺へと転移し、あっという間に広まっていったとされている。

ダスティンは『Saved By the Bell』の全4シーズンを通し、いわゆる"オタク"キャラのサミュエル・"スクリーチ"・パワーズを演じていた。その後も、同作のスピンオフ『Saved by the Bell: The New Class』や、昨年2月に公開されたショートフィルム『Catching Up(原題)』に出演するなど、俳優として幅広く活躍。

その一方でプライベートでは、2014年の12月には米・ウィスコンシン州ポートワシントンのバーで他の男性客とケンカになり、最終的にはナイフでこの男性を刺すという傷害事件を起こし、刑務所に4ヶ月間服役していた。



 



Category:

Latest News

2021年「第78回 ゴールデン・グローブ賞」のノミネーション一覧が発表に!

映画

モーガン・ウォレン、差別的発言により「ACM Awards」ノミネート資格を取り消される

音楽

ビービー・レクサ、“薬物の過剰摂取で死去”という嘘のツイートについて言及

音楽

レディー・ガガがオレオとコラボ?!緑のクリームの正体とは一体…?!

音楽

リル・ウージー・ヴァート、ダイヤモンドを額に埋め込む?!あのマーベル キャラとの比較も

音楽

プリヤンカー・チョープラーが激白!交際開始からたった2ヶ月で「プロポーズされた」

音楽

ブラザーズ・オズボーンのT.J. オズボーン、同性愛者であることを告白

音楽

プーマ・ブルー、デビューアルバムから新曲「Already Falling」を先行リリース

音楽