リアーナ、新型コロナウイルスのパンデミックを受け5億円を寄付!

24 3月 2020

2012年に設立され自身の祖父母の名前がつけられたリアーナによる財団「Clara Lionel Foundation(クララ・リオネル財団)」は今月23日、新型コロナウイルスのパンデミックを受け、いくつかの組織に合計で500万ドル(約5億円)の寄付を行った。
 
リアーナが今回寄付を行ったのは、「Direct Relief」「Feeding America」「the International Rescue Committee(国際救済委員会)」「Partners in Health」「COVID-19 Solidarity Response Fund」といった、このパンデミックと最前線で闘っているフードバンクや医療機関などの団体。ハイチ、マラウィ、またネイティブ・アメリカンのコミュニティーに対し、ウイルスの検査キットやその他の資源を提供したり、医療機関で働く人々にトレーニングを行い、防護服や呼吸器を配給するための費用にあてられるという。
 


 
クララ・リオネル財団は声明の中で、次のように話す。
 
「この新しい年が始まった時、COVID-19(新型コロナウイルス)が私たちの生活をここまで変えてしまうとは誰も想像しませんでした」「あなたがどんな人であり、またどこの国の出身なのかということは関係ありません。このパンデミックは我々皆に影響を及ぼすのです。すっかり弱り切ってしまったこの世界ですが、"最悪の事態"はこれから訪れる可能性もあります」
 
また同財団はビデオ投稿も行い、お金を寄付することが難しい場合は、どういった行動をとることで感染拡大のスピードを抑えることが出来るのか、フォローワーに注意喚起。「1.手:こまめに洗いましょう。2.ひじ:咳をするときはひじを使いましょう。3.顔:触らないようにしましょう。4.フィート(脚):人とは6フィート(2m)以上の距離を取りましょう。5.感覚:体調が悪い?自宅で療養しましょう」と、5つのシンプルな予防ステップを紹介していた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Here are five simple things you can do to stop the spread of COVID-19 ✋🎥: @endeavorimpact

Clara Lionel Foundation(@claralionelfdn)がシェアした投稿 -



 



Category:

Latest News

女王復活!リアーナ、3年ぶりに新曲をリリース!

音楽

キム・カーダシアン、子供の時間の潰し方のアイデアを募集するも炎上騒ぎに

セレブ

トリヴィアム、ニューアルバムより表題曲「What The Dead Men Say」を解禁!

音楽

外出禁止の各国、人々が自宅でヘアカットにチャレンジするも…

カルチャー

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、最新ビデオは自宅で10時間かけて制作!

音楽

ヘイリー・スタインフェルド、生配信中に元恋人の曲が再生され気まずい雰囲気に

音楽

才能が溢れ出るオリバー・マルコム、ニューシングル「Helen」をリリース!

音楽

自宅にストーカー出没でクリス・ブラウンが冷や汗!「あなたは私の人生のパートナー」

セレブ