コリィ・テイラー、自身初となるソロアルバム『CMFT』のリリースが決定!

31 7月 2020
グラミー賞受賞を誇るスリップノット、そしてストーン・サワーの最強フロントマンとして絶対的な支持を集め、ソングライター、俳優、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家と幅広く活躍してきたコリィ・テイラーが、自身初となるソロアルバム『CMFT』を10月2日に全世界同時リリースすることが発表となった。
 
そして同作から、収録曲の「CMFT Must Be Stopped」、「Black Eyes Blue」の2曲が先行配信された。
 

 
先行楽曲2曲からは今作のバラエティの豊かさが伺え、コリィが生涯にわたり影響を受け続けているという、ハード・ロックからクラシック・ロック、パンク・ロックからヒップ・ホップまでといった、幅広い音楽の要素が詰まっている。
 
先行シングル「Black Eyes Blue」では過去を懐かしみながら歌い上げ、「CMFT Must Be Stopped」ではコリィのライムがスリップノットのデビューアルバムを彷彿とさせ、またインディペンデント・キングとも称されるラッパーのテック・ナイン、ロンドン出身のキッド・ブッキーがフィーチャリング参加している。
 

 
さらに「CMFT Must Be Stopped」のミュージックビデオには、コリィの友人として豪華アーティストたちによる夢の共演が実現!昨年10月に結婚した妻のアリシア・ドーヴェを始め、マリリン・マンソン、ラーズ・ウルリッヒ(メタリカ)、ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)、プロレスラーのクリス・ジェリコらが参加しており、日本からもマキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)とBABYMETALがカメオ出演している。
 

 
コリィ自身にとっても待望のソロアルバムとなる今作は、十代の頃を思い返しながら制作した楽曲もあるという。ストーン・サワーも手掛けるプロデューサーのジェイ・ラストンと彼の率いるバンド、クリスチャン・マルトゥッチ(ギター)、ザック・スローン(ギター)、ジェイソン・クリストファー(ベース)、ダスティン・ロバート(ドラムス)らとラスベガスのハイドアウト・スタジオでレコーディングを行った。
 
コリィの音楽精神を通じて楽しめ、元気づけられ、ロードマップを辿れるような作品となっている。ギターを掻き鳴らし走り抜ける1曲目の「HWY 666」、コリィのソングライティングの真髄を魅せる「Silverfish」、不気味なベースラインからの色褪せたギターサウンドが特徴的な「Culture Head」、そして感動的なピアノラインの「Home」ではコリィの声域がいかに広いかを体感することができる。
 
2021年1月にはスリップノットとしてKNOTFEST JAPAN 2020振替公演への来日が控えている。ノンストップで挑戦し続けるコリィ、今後もさらなるニュースが控えているとのことで、ファンはお楽しみに!
 
 
【『CMFT』トラックリスト】
1. HWY 666
2. Black Eyes Blue
3. Samantha's Gone
4. Meine Lux
5. Halfway Down
6. Silverfish
7. Kansas
8. Culture Head
9. Everybody Dies On My Birthday
10. The Maria Fire
11. Home
12. CMFT Must Be Stopped (Feat. Tech N9ne & Kid Bookie)
13. European Tour Bus Bathroom Song
 
 



Category:

Latest News

2021年「第78回 ゴールデン・グローブ賞」のノミネーション一覧が発表に!

映画

モーガン・ウォレン、差別的発言により「ACM Awards」ノミネート資格を取り消される

音楽

ビービー・レクサ、“薬物の過剰摂取で死去”という嘘のツイートについて言及

音楽

レディー・ガガがオレオとコラボ?!緑のクリームの正体とは一体…?!

音楽

リル・ウージー・ヴァート、ダイヤモンドを額に埋め込む?!あのマーベル キャラとの比較も

音楽

プリヤンカー・チョープラーが激白!交際開始からたった2ヶ月で「プロポーズされた」

音楽

ブラザーズ・オズボーンのT.J. オズボーン、同性愛者であることを告白

音楽

プーマ・ブルー、デビューアルバムから新曲「Already Falling」を先行リリース

音楽