エド・シーラン、隣人との揉め事が解決!

24 6月 2019
エド・シーランの自宅敷地内に掲げたパブの看板に、自治区役所から正式に設置許可が下りたという。エドは、英イースト・サフォーク自治区の自宅敷地内にあった家畜小屋をバーに改築し、妻チェリー・ランカスター・シーボンの名前にちなんだ「ザ・ランカスター・ロック」という木製の看板2枚を掲げたところ、それを問題視した近隣住民が自治区役所に陳情する事態となっていた。これを受けてエドは、同区役所に設置許可を求めていたが、今回それが下りたかたちだ。

同区役所のスポークスパーソンは、同看板が照明で照らされていないことや敷地外からはっきり見えないことなどを理由に挙げ、「これらの看板は、宅地や登録建造物、また隣接の登録建造物の特質や外観に悪影響を与えないという結論を出しました」と話す。

エドが、敷地内の建造計画のことで同区役所との間に問題を起こしたのは今回が初めてではなく、以前には、チェリーとの挙式のためのチャペル建設計画が却下されているほか、池をプールに改造しようとしているのではないかと恐れた近隣住人から苦情も出されていた。

隣人のトニー・ロビンソンは以前、この池について、「敷地内の建設は、野生動物のためではなく、ワイルドなライフスタイルのためのようですね」と、同じく近隣住民のキャティー夫妻は「野生動物の池とされているものは、スイミングプールと呼んだほうがいいようです。建築許可が下りているものとは違いますね」と不満の色を表し、同池に階段と桟橋が建設されたこともその懸念に拍車をかけたようだが、それらは池管理と緊急時のために必要とのことで同区役所からも建築許可が下りていたという。


Category:

Latest News

MTV Diary: iKON Part1/2

News

17 Live Presents Amazing Experience

レギュラー番組

カミラ・カベロ、「20歳まで誰かを愛したことがなかった」

セレブ

コーディー・シンプソン、入院中のマイリー・サイラスを訪れラブソングを贈る

音楽

4年ぶり!ミーカ、5枚目となるニューアルバムをリリース!

音楽

ソフィー・ターナー、インフルエンサーの活動を皮肉を交えて批判

セレブ

グリーン・デイ、新作より超・弾丸ロックな新曲をリリース!

音楽

リアーナ、理想のウェディングドレスのアイデアを暴露!

セレブ