ディズニー、中絶禁止法施行でジョージア州をロケ地から除外か

31 5月 2019
米ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者が、ジョージア州で中絶禁止法が施行された場合、今後同州での撮影を控える可能性があると宣言した。

同様の措置を取る旨は、すでにNetflixやワーナーメディアが意思を表明しており、そこにディズニーも加わった形だ。ジョージア州ではこれまでに多くの映画作品やテレビ作品の撮影が行われており、『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『ブラックパンサー』といった大ヒット作もジョージア州で撮影された作品として名前を挙げることが出来る。

ロイター通信の取材に対しアイガー氏は、ジョージア州で妊娠中絶手術の規制法案が成立したことを受け、「我々のスタッフの中には、今後ジョージア州で仕事をしたくないと考える者もいる」と話し、「そういった人々の気持ちを無視することはできない」ため、今後ジョージア州での撮影は「難しい」と意見を述べた。

ジョージア州では今月7日、胎児の心音が確認できるようになった時点で中絶を禁止する「ハートビート法」が成立し、法廷闘争で覆されなければ来年1月に施行される予定だ。


Latest News

MTV洋楽虎の穴! 第15回 「今日から英語シンガー! 80年代洋楽カラオケで、ネイティブ発音を極める方法!(後編)」

連載・コラム

映画「ロケットマン」8月23日より、いよいよ公開! MTVではエルトン・ジョンを5時間半にわたり特集!

Press Release

「2019 VMA」、11年ぶりのジョナス・ブラザーズ の出演が決定!

セレブ

ニック・カーターとハウィーD、ファンのプロポーズ作戦をサポート!

セレブ

The 1975のマシュー・ヒーリー、男性ファンにキスしUAEの法に触れる

音楽

ケイティ・ペリー、セクハラに関する別の告発者が現れる

セレブ

ニック・ジョナス&プリヤンカー・チョープラー、夢の国でデートを満喫!

セレブ

エイサップ・ロッキー、暴行罪で有罪判決に

セレブ