2016-12-05
きゃりーぱみゅぱみゅ、『SING/シング』本編に楽曲提供


©Universal Studios
『ミニオンズ』や『ペット』を生み出した、ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントのスタッフによる新作アニメーション映画『SING/シング』に、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が使用されたことが発表され、キュートなキャラクターたちが「にんじゃりばんばん」を歌うシーンが公開された。

(写真=ワールドプレミアに出席したきゃりーぱみゅぱみゅとキャストのリース・ウィザースプーン)

映画はたくさんの動物たちが登場するミュージックエンターテインメント。マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロールといった豪華スターが共演を果たし、歌声を披露している。

劇中にはレディー・ガガの「Bad Romance」やザ・ビートルズの「Golden Slumbers」など、65曲以上のヒットソングが登場する。きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」や「きらきらキラー」、「こいこいこい」も監督らの目に留まり、世界60ヶ国以上で公開される本編に使用された。

きゃりーぱみゅぱみゅは12月3日(アメリカ時間)、ロサンゼルス・マイクロソフトシアターで開催されたワールドプレミアに出席。アカデミー賞俳優のマシュー・マコノヒーやリース・ウィザースプーン、アカデミー賞とグラミー賞をダブル受賞しているジェニファー・ハドソン、男性ソロシンガーとしてグラミー賞の史上最多受賞歴を誇るスティーヴィー・ワンダーといった名優、アーティストたちと共に華やかなレッドカーペットを歩いた。

ガース・ジェニングス監督は、きゃりーのファンだったようで、「お会いできるなんて信じられない。こんなにすてきなことはないね」と大興奮。「あの曲をありがとう。あなたの歌もミュージックビデオも大好きだ。本当に素晴らしい。それにあなたの衣装は、これまでに見たどんな衣装よりもすてきだ」と絶賛した。

キャストのタロン・エガートンは「あなたがあの歌のアーティストなの?会えてうれしいよ!」と話し、リース・ウィザースプーンは「お会いできて光栄よ!あなたが来てくれてうれしいわ!」と喜びをあらわにした。

さらに、スティーヴィー・ワンダーが「元気ですか?」と声を掛け、きゃりーが日本からやって来たことを知ると、「僕のこと知ってる?コンニチハ!」と語りかけた。

プレミアに参加したきゃりーは、「海外のレッドカーペットは初めて歩きました。音楽でみんなが楽しむって、すてきだし、この映画の動物たちが歌っている姿はかわいらしいです!! 自分の楽曲が3曲も使われているので、すごくうれしかった。ぜひ、そこにも注目して観てください!」と語った。

映画『SING/シング』は2017年3月17日に全国公開される。予告編を含む詳細は公式サイトまで。既にスティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデが歌うエンディングソング「Faith」がリリースされている。

MTV NEWS

関連番組
MTV LIVE: きゃりーぱみゅぱみゅ "KPP 5iVE YEARS PREMIUM LIVE in HAWAII"
12/10 [土] 20:00 - 21:45

きゃりーぱみゅぱみゅVideoSelects
12/10 [土] 21:45 - 22:30

きゃりーぱみゅぱみゅ KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016 東京公演
1/28 [土] 21:00 - 23:00