2012-12-05
ティム・バートン監督 「フランケンウィニー アート展」でファンをお出迎え

映画『フランケンウィニー』を引っさげて来日中のティム・バートン監督が、4日に東京・ビックロ ユニクロ 新宿東口店で開催された「フランケンウィニー アート展」のオープニング・セレモニーに出席した。

『フランケンウィニー』は、科学が大好きな少年ヴィクターが、亡くなった愛犬を実験で生き返らせることにより、小さな街に巻き起こる大混乱をバートン監督ならではの世界観で描いた白黒3D映画。毎秒24コマを撮影する映画フィルムに対して、静止している物体を1コマごとに少しずつ動かして撮影し、あたかもそれ自身が連続して動いているかのように見せる、ストップモーション・アニメーションという撮影技術により完成した。今回の展覧会では、実際の撮影で使用されたパペットやセット、バートン監督による原案のスケッチ等を間近で楽しむことができる。

バートン監督と共にセレモニーに出席した、ユニクロ代表取締役会長兼社長の柳井正氏は、「ユニクロ1号店が開店した1984年に、監督が『フランケンウィニー』の原案となる作品(同名の実写短編映画)を制作していたと聞いて、すごく縁を感じる」とコメント。「とても日本人の感性に合う作品。ハイテクと人の手の融合、モノトーン、奇妙だけどすごくかわいいキャラクター、といった今作の魅力は、世界中でも日本人が1番理解できるのでは」と映画の感想を述べた。

「今作ではたくさんの素晴らしいアーティストが、長い年月を費やしてパペットや小道具の制作を行いました」と明かしたプロデューサーのアリソン・アバッテは、「それらがこのように展示された様子を見られることは、本当に素晴らしいこと。できればアーティスト全員とこの時間を共有したかったです」と笑顔で語った。

アバッテいわく、アート展で最もおすすめの見どころは、会場内に再現されたバートン監督のデスク。「パペットの骨組みを細かく見ることで、いかに芸術と技術が融合しているかをご覧になっていただけると思います」と説明した。

自身が子どもの頃に飼っていた、大好きな愛犬との思い出に基づいて今作を制作したというバートン監督は、「学校の友だちや変な先生、生まれ育った故郷バーバンク(カリフォルニア州)の家など、自分の過去に立ち返ることができて、本当に楽しかった」と制作を振り返った。

「今作は全て手作りなので、皆さんに映画の制作過程を見てもらうことができる、このようなアート展を開くことができて、本当にうれしいです。ストップモーション・アニメーションはとても美しい芸術形態なので、それを皆さんと共有できて、非常にワクワクしています」と監督は述べた。

会場前では、熱心なファンが前夜から行列を作って待機。バートン監督は来場した彼らを自ら出迎え、「雨の中、待っていてくれてありがとう。楽しんでね」と一人一人に声をかけた。ハグやサイン、直筆イラストに快く応じる監督を前に、号泣するファンが続出した。

「フランケンウィニー アート展」は12月23日(日)まで開催中(入場無料)。会場では、バートン監督の描きおろしイラストを施したオリジナルグッズの販売も行われている。映画『フランケンウィニー』は12月15日より全国で公開される。

MTV News