2012-09-26
ティム・バートン&ウィノナ・ライダーが『フランケンウィニー』を語る

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『アリス・イン・ワンダーランド』など、ユニークでファンタジックな世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで、世界中の映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督の最新作『フランケンウィニー』。10月5日の全米公開に先駆け、9月24日(アメリカ時間)に米ハリウッドのエル・キャピタン劇場にてワールド・プレミアが行われた。

『フランケンウィニー』はディズニー史上、最も奇妙な白黒3Dワンダーランド。孤独な少年ヴィクターと「禁断の実験」によってよみがえった愛犬スパーキーとのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こす冒険ファンタジーだ。

この日は白黒3D映画にちなんで、劇場前に全長150メートルのレッド・カーペットならぬホワイト・カーペットが敷かれ、白と黒でドレスアップしたゲストが来場した。また、沿道には200名を超えるティム・バートン監督の熱狂的なファンが開始2時間前から詰めかけた。

自身の少年時代の愛犬との思い出を原点とした今作こそ、最も撮りたかった作品だというバートン監督は、「長い時間をかけて多くのスタッフの手によって完成したことが、とても嬉しい!」とコメント。小さなパペット(模型の人形)をひとつひとつ動かして映像を作り上げるストップモーション・アニメーション、しかも白黒3Dで描いたことについて、「とてもエキサイティング!ストップ・モーションアニメと白黒3Dという要素が混ざり、今まで全く見たことのない映像が出来上がった」と明かした。

会場には主人公ヴィクターのクラスメイト、エルザの吹替えを担当した女優のウィノナ・ライダーも登場。『ビートル・ジュース』、『シザー・ハンズ』以来の仲であるバートン監督の作品に参加できたことについて、「監督にとって特別な思い入れのある作品に関われたことは、とても名誉なこと。仲のいい友人と一緒に仕事ができたことは素晴らしかった」と目を輝かせながらコメントした。

映画『フランケンウィニー』は、日本では12月15日より全国で公開予定。

MTV News