2009-10-28
ジャーメイン・ジャクソン、弟マイケルの映画は「とても楽しみ」


Photo: Jason Merritt/Getty Images
6月25日にマイケル・ジャクソンが50歳の若さで急逝して以来、兄のジャーメイン・ジャクソンはジャクソン家のスポークスマン的存在としてメディアに登場してきた。27日夜にロサンゼルスで開催された映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に来場したジャーメインは、今回の映画をどのようにとらえているのだろうか。

一部の報道は、映画がマイケルの健康上の問題を的確にとらえていないと指摘した。だが、今月初旬に発表された検視結果と同様に、ジャーメインはマイケルの健康状態が良好であったことを強調している。

「まず言っておくが、マイケルはとても、とても健康だった」とジャーメインはレッドカーペットでMTV Newsに伝えた。「彼は非常に健康だった。身体のどの部分もね。(映画は)リハーサルを追っている。大きなショーの準備をする姿をね。まだ観ていないけれど、昔の俺たちのリハーサルを知っているから、映画もそういうものだと思うよ」。

健康だったとはいえ、ジャーメインいわく、観客は『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』で100パーセントのキング・オブ・ポップを期待すべきではないという。マイケルはコンサート前のエネルギーの多くを、一緒にステージに立つ仲間の準備に費やす人だったからだ。

「弟を知っているからね。これはリハーサルだよ」とジャーメイン。「彼は他のみんながきちんと役割をこなしていることに注意を払う人だった。多分、彼自身は50パーセントの力を出していたんじゃないかな。彼が気にしたのは、他の人が全てを理解しているかということだから。でも、とても楽しみにしているよ」。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は今夜より全国で公開される。マイケル・ジャクソンの追悼特集ページはこちらをチェック。■

Amy Wilkinson, with reporting by Tim Kash, MTV News