セレーナ・ゴメス、テイラー・スウィフトを擁護するコメントを投稿

18 11月 2019

過去にテイラー・スウィフトが発表した作品の権利をめぐり、現在音楽業界を揺るがす大バトルを繰り広げているテイラーとスコット・ボーチェッタ&スクーター・ブラウン。闘いが過熱する中で、テイラーの大親友であるセレーナ・ゴメスがインスタグラム・ストーリーズを更新し、テイラーを擁護するコメントを発表した。
 

 
全ては、今年の7月に始まった。
 
スクーターの会社サカ・ホールディングスが、テイラーが以前所属していた<ビッグ・マシーン・レコード>を買収。これによりスクーターは、テイラーが<ビッグ・マシーン・レコード>所属時代に発表した作品(2006年のデビューアルバム『Taylor Swift』から2017年リリースの『Reputation』までが含まれる)の原盤の権利を実質上獲得したことになった。
 

Getty
 
この事態に憤慨したテイラーは、スクーターがどういう人物であるかを公に知らせる必要があると思ったようで、これまでにスクーターから受けてきた嫌がらせの数々を自身のブログで告白した。
 
その後、一時は鎮火したかのように思えた闘いだったが、12月24日に開催される「American Music Awards」への出演が決まっているテイラーは、11月14日、過去の楽曲を同アワードでパフォーマンスすることもスクーターとスコット(<ビッグ・マシーン・レコード>の最高経営責任者)に禁止されたと、改めて二人を非難する声明を発表したのだ。
 




そして、そんな苦境に立たされたテイラーを擁護すべく、親友のセレーナ・ゴメスが立ち上がった。
 
スクーターをマネージャーとして携えている、元恋人ジャスティン・ビーバーへの恨みもあってか、本件においては完全に"チーム・テイラー"に徹しているセレーナは、長文のコメントの中で次のように語った。
 

Instagram @selenagomez
 
「私の心は今、すごく重いわ。今回の件には嫌気がさしてるし、本当に頭にくる」「(スクーターとスコットには)他人を気遣う心ってものが全くないみたい。私の友人が14歳のころから自分の部屋で書き溜めてきた作品たちに対しての敬意ってものが、まったく感じられないわ」
 
「世界中に存在するファンたちとテイラーが自分の作品について祝う機会を、あなたたちは奪い、台無しにした」「テイラーは私の知る限り、最も熱心で怖いもの知らずな、根性のある強い女性よ」
 
「自分の親友がひどい仕打ちを受ける様子を見なくちゃいけない時ほど、最悪なことはないわ。テイラーは闘う。そして決して闘いをあきらめることはないでしょう。人間は選択をすることで成長するの。中にはずっと同じ状態のまま変わらない人もいる。私は、誰かが心を入れ替えてくれることを祈ってるわ」




Category:

Latest News

新アルバム『Romance』をリリース! 情熱の歌姫、カミラ・カベロを徹底解説!

音楽

ジャスティン・ティンバーレイク、不倫報道受け謝罪の声明を投稿

映画

ビリー・アイリッシュ、最新MV「xanny」のテーマは“不快感”

音楽

史上最恐のストーカーがLAに上陸!『YOU』シーズン2の予告が解禁に

ドラマ

ジェイソン・モモア、クリス・プラットのとある行動に“プチ”切れ?!

セレブ

『リバーデイル』共演者カップルが破局?!

ドラマ

トーンズ・アンド・アイ、全英チャートで今年最長のNo.1シングルに!

音楽

ホワイ・ドント・ウィー、今年11曲目となる新曲をリリース!

音楽