2017-12-27
ナイル・ホーラン「デビュー当時の自分の服装はダサかった」


Getty Images
その爽やかさで世界中の多くの女性を虜にしてきたナイル・ホーランだが、ワン・ダイレクションとしてデビューした当時はあまりファッションセンスが無かったことをインタビューで明かした。

ナイルはEsquireのインタビューで、自身のファッションの話題になった際に「以前の僕は、おそらく世界一のワーストドレッサー男だったかもしれないな。服を上手にコーディネートできる人もいれば、全くできない人もいる。僕は完全に後者だったね。だけど当時の僕はまだ16歳とか17歳だったから、まぁ許された感じかな」と、ステージで着た恥ずかしい衣装や前髪を派手な金髪にした当時の若かりし自分を振り返った。

今回のEsquireの撮影で、ナイルはクラシックでかっこいいロッカーファッションを多数披露しており、「今はブーツ全般とか、たくさんの帽子を集めるのに夢中なんだ。色々なタイプのジャケットやデニム、レザーもいいね。様々な生地の服にハマってるとこだよ」と現在の趣向を話す。

だが、なんだかんだ昔のロックミュージシャンが着ていた王道ファッションをリスペクトしているようで、「70年代や80年代の先輩たちは最高だったよね。ブルース・スプリングスティーンやトム・ペティ、そしてイーグルスとか。いつも本当にかっこ良かったし、まさにその時代に合っていた。僕はあの時代のファッションが今再び流行ってるように感じるよ」と話していた。

MTV NEWS