2017-11-10
ブリトニー・スピアーズが描いた水彩画が1万ドルで落札される


Getty Images
10月2日にラスベガスで起きた銃乱射事件の犠牲者のために開催されたチャリティーイベント「Vegas Cares(ベガス・ケア)」で、ブリトニー・スピアーズが自身の描いた水彩画を当イベントのオークションに出品。その落札金額1万ドル(約113万円)を寄付したことが分かった。

ブリトニーが出品した水彩画は、10月14日にインスタグラムで公開されていたモーツァルトを聴きながら自宅のバルコニーで楽しげに描いていたもの。あるコレクターがこの水彩画を1万ドルで落札したという。

2013年にレジデンスショー「Britney: Piece Of Me」をスタートさせてから、ブリトニーにとってラスベガスは第二の故郷とも言える思い入れの強い都市だ。そんな場所であの痛ましい銃乱射事件が起きてしまい、ブリトニーはすぐに「ニュースを見て心が打ちひしがれています。事件の犠牲になった人々へ祈りを捧げています。共に力を合わせて乗り越えましょう」と支援を約束していた。

ブリトニーは他にも、ネバダ州にある小児癌の子供達をサポートする慈善団体「Nevada Childhood Cancer Foundation」に約1億円の寄付を行い、当センターに新たな医療施設を開設している。

MTV NEWS