2011-06-21

「jackass」の人気者、ライアン・ダンが事故死

Photo: Frazer Harrison/Getty Images
MTVの人気シリーズ「jackass」のキャスト、ライアン・ダンが、アメリカ時間の19日夜、ペンシルバニア州にて自動車事故で亡くなったことが明らかになった。享年34。

地元警察によると、事故は同日午前3時に国道22号線とニュー・ストリートにて発生したとのこと。事故当時、誰が車を運転していたのかは不明だが、ダンの他にも同乗者1名の死亡が確認されたという。訃報は「jackass」のキャスト、バム・マージェラの母エイプリルさんがラジオ番組で明かした。

米MTVネットワークス ミュージック/フィルム・グループのヴァン・トフラー社長は、ダンの訃報を受けて次のようなコメントを発表した。

「ライアン・ダンの悲劇的な死に、私たちは心を痛めています。ライアンは10年以上も前からMTVファミリーの一員でした。私たちみんなを笑わせてくれた彼は、誰もが共感できる中学校の人気者のように、根気強く熱心なアプローチで人生を駆け抜けました。ライアンのご家族やご友人に心からお悔やみを申し上げます。ジャッカス・チームにおける彼の存在は誰にも埋めることができないでしょう」。

ダンが最後にツイッターに掲載した写真には、彼と2人の友人がアルコールと思われるドリンクを飲んでいる姿が写っていた。芸能ゴシップサイトTMZは、ダンの乗った車が衝突後に炎上したと報じている。その後、現場にはレッカー車が派遣された。地元テレビ局が入手した写真からは、路肩に停められた大破した車両が確認できる。現時点で、事故に関する詳細は公表されていない。

ダンはオハイオ州出身、ニューヨーク育ち。その後、ペンシルバニア州ウェスト・チェスターに移り住み、バム・マージェラのCKYクルーに出会った。クレイジーなスタントやスケートボードのトリックをオンラインの動画で披露することでキャリアをスタートし、それをきっかけに、2000年に「jackass」のキャストの座を獲得した。怖いもの知らずのダンはシリーズの重要メンバーで、「jackass」をはじめ、時にバムの右腕として、そして時にクレイジーな集団における理性の声として、スピンオフ・シリーズの「Viva La Bam」や「Bam's Unholy Union」でも活躍した。

また、2005年にはターゲットの家を勝手に改造してしまうというリアリティ番組「MTV HOMEWRECKER ~リベンジ!お部屋改造大作戦~」の司会を務めた。さらに先週火曜には、テレビやゲーム、映画のアクション・シーンをダンが再現する新番組「Proving Ground」が、アメリカのケーブル・チャンネルG4でスタートしたばかりだった。

昨年、MTV Newsの取材に応じた「jackass」クルーは、10年間に渡るシリーズの歴史の中で、ダンの初めてのスタントを1番のお気に入りとして挙げていた。

「(バム・マージェラが)ライアンをうんこ工場にダイブさせた、“うんこダイブ”が最高だったよ」とクリエーターのジェフ・トレメインは述べた。

「だって、あれはサイアクだっただろ。何がウケたって、俺たちが知らなかったライアンのタトゥーが明かされたってことさ。あのときライアンに初めて会ったんだ」。

ダンは全3作の「jackass」の映画作品にも出演したほか、映画『ジェシカ・シンプソンのワーキング・ブロンド』や、NBC放送の人気ドラマ「Law& Order: SVU」にも出演していた。

昨年に全米で公開された「jackass」の最新映画『ジャッカス3D』は、5000万ドルのオープニング成績を記録する大ヒットとなった。全米では先週、映画の秘蔵映像をまとめた新作DVD「Jackass3.5: The Unrated Movie」が発売されたばかり。

MTV News

関連記事

おすすめニュース

Recommendオススメアーティスト

THE HEAVY

THE HEAVY

MAGIC!

MAGIC!

JUNGLE

JUNGLE

WHITE JAM

WHITE JAM

LENNY KRAVITZ

LENNY KRAVITZ

OASIS

OASIS

Featuredフィーチャー