クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告編が解禁に

17 5月 2018
歴史的ロックバンド、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編が遂に解禁となった。

本作は、クイーンが活動をスタートさせた1970年から、フレディがエイズで亡くなる6年前に行われた1985年のチャリティ・コンサート「ライヴ・エイド」での伝説的なライブまでのストーリーとなっている。

今回公開された予告編では、彼らの代表曲であるオペラロックアンセム「Bohemian Rhapsody」が、6分間という長尺だという事に制作会社が反対しているシーンなどが挿入されている。どうやら、バンドが革命を起こしビックになっていく様と同時に、当時の音楽業界がどう発展していくかも描かれているようだ。



本作は、ヴォーカルのフレディ・マーキュリー役をラミ・マレック、ギタリストのブライアン・メイ役をグウィリム・リー、ベーシストのジョン・ディーコン役をジョセフ・マゼロ、ドラムスのロジャー・テイラー役をベン・ハーディが演じており、各役者たちがそれぞれメンバーにそっくりな出で立ちで本作の制作に挑んだ様子を垣間見ることが出来る。特に、ラミはまるでフレディに瓜二つ。映画公開前にも関わらず、ラミは本作で各映画賞レースのノミネート候補にあがっているという噂も立っているほどだ。

実はこの『ボヘミアン・ラプソディ』は制作がかなり難航していた作品。プロジェクトが始動した2010年の際には、サシャ・バロン・コーエンがフレディ役として抜擢されたが、クイーンのメンバーと作品に対する意見が食い違い、サシャが2013年に降板。昨年には、監督のブライン・シンガーが何度も無断で仕事を放棄し、キャスト達と険悪な関係になってしまったため解雇されていた。その後、デクスター・フレッチャーが監督として抜擢され、やっと作品が仕上がったのだ。まさに、ファン待望の公開となる。

『ボヘミアン・ラプソディ』は11月に公開予定。

(C)20th Century Fox
カテゴリ:

最新ニュース

驚異の集中力!ドレイク「Nice For What」はゲーム中に1時間半で制作

news

ゼイン・マリク、「Let Me」に続く新曲「Entertainer」を続編MVとともに公開!

news

セレーナ・ゴメスとジェニファー・アニストン、ジェニファーの元夫が原因で友情決裂?

news

ザ・ナショナル、名盤『Boxer』の完全再現ライブ盤がついにCD化!

news

ショーン・メンデス新曲「Nervous」はファンキーな恋愛ソング!

news

Yo-Sea & HIYADAM、「Dreaming City」がついに配信解禁!

news

クリスティーナ・アギレラ×デミ・ロバート、コラボ曲「Fall in Line」MVが公開!

news

ゲーム『キングダム ハーツ III』はピクサー要素が盛りだくさん!

news