『MIB』最新作、テッサ・トンプソン起用に乗り気でなかった

24 6月 2019
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の制作陣は当初、クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンの共演に乗り気でなかったそうだ。14日から公開が始まった同作で、クリスと共に主役のエージェントを演じているテッサだが、2人が『マイティ・ソー バトルロイヤル』で共演していたことがマイナスの印象を与える可能性があるとして、プロデューサーのウォルター・F・パークスとローリー・マクドナルドは、テッサの起用を懸念していたという。
 


コライダーとのインタビューでパークスとマクドナルドは、「ネガティブ要素を秘めていると感じられた」と話す。「でもその一方で明確なコンセプトもあった。これは一番重要なことなんだけど、クリス・ヘムズワースが決まっていた。真に"クリス・ヘムズワース"といった姿、自信、魅力、体格全てを持ち合わせた彼がね。そんな彼に対等に立てるのは誰か。自分の存在感をアピールできるのは誰か。競争というわけではなく、ただ要素としてね」

「そう考えた時、それが出来る人はあまりいないし、僕らはすでに彼女にはそれが出来る証拠を目にしていた。それが彼女のキャスティング理由というわけではないけど。キャスティングの仕方にはある種の不安があったから」とパークスが話すと、マクドナルドが「同じようなものは望んでなかった。イマジネーションがないとは思われたくないから」と続けた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☯️ #MIB @chrishemsworth

Tessa Thompsonさん(@tessamaethompson)がシェアした投稿 -



しかし、結果的にはその2人の再共演が喜ばれていることもあり、テッサの起用が正しかったと話している。

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズに代わり、対エイリアン専門の秘密組織のエージェントをクリスとテッサが演じているシリーズ最新作には、他にもクメイル・ナンジアニ、リーアム・ニーソン、レイフ・スポール、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソンらが出演している。


Category:

Latest News

MTV Diary: iKON Part1/2

News

17 Live Presents Amazing Experience

レギュラー番組

カミラ・カベロ、「20歳まで誰かを愛したことがなかった」

セレブ

コーディー・シンプソン、入院中のマイリー・サイラスを訪れラブソングを贈る

音楽

4年ぶり!ミーカ、5枚目となるニューアルバムをリリース!

音楽

ソフィー・ターナー、インフルエンサーの活動を皮肉を交えて批判

セレブ

グリーン・デイ、新作より超・弾丸ロックな新曲をリリース!

音楽

リアーナ、理想のウェディングドレスのアイデアを暴露!

セレブ