MTV洋楽虎の穴! 第09回 「フレディだけじゃない! 伝説のバンド・クイーンを作った奇跡の四人(後編)」

21 6月 2019
MTV洋楽虎の穴 キーヴィジュアル

MTVのお届けする洋楽座談会。第09回は伝説のロックバンド・クイーンついて、MTVの誇る洋楽スタッフたちが熱く語り合う! 今回はその後編。

座談会メンバー

DJ S

編成。「音楽には2種類しかない。いい音楽と悪い音楽」が信条。DJ、ダンサー経験ありのダンスミュージック界の生き証人

YK

選曲担当。バンド大好き。スーパースターはボン・ジョヴィ

ひろっぴ

Webプロデュース担当。漫画オタクで完全無欠の洋楽素人。でも昔のテクノやハウスなら少しわかるかも?

ひろっぴ

さて、MTVスタッフによる座談会企画・MTV洋楽虎の穴! 今回は奇跡のスーパー・バンド「クイーン」の後編ですよ。前編はこちら!

MTV洋楽虎の穴! 第08回 「フレディだけじゃない! 伝説のバンド・クイーンを作った奇跡の四人(前編)」

ひろっぴ

そして今回も音響機器メーカーのSHURE(シュア)様から、イヤホンをご提供いただいてますよ。例によってMTV随一のSHUREファンを自認する、若手スタッフのYKさんどぞ!

YK

はい!  SHUREは高性能マイクやイヤホンで有名な、プロ御用達の老舗音響機器メーカーです。そのイヤホンは、ステージ上のミュージシャンやオーディオエンジニアが音響チェックに使用するインイヤーモニターから始まってますので、性能は折り紙付きです。

ひろっぴ

今回お借りしたのは、SHURE・SEシリーズの中でも人気のエントリーモデルとなる、SE215

SE215 高遮音性イヤホン

YK

シングルダイナミックドライバーかつ高遮音性なので、まわりの雑音に邪魔されずに、じっくりクリアな音を楽しむことができます。

ひろっぴ

ほほう、ではその実力のほどを試してみますかね! ……ってあれ?

ひろっぴ

ややや、やばい! いきなり壊した!? MTVも終わりだ!

YK

ひろっぴさん、落ち着いてください! これもSHUREのイヤホンの特徴で、ヘッドの部分を取り外して、ケーブルが交換できるようになってるんです。

ひろっぴ

心臓に悪いから! それって、なにがうれしいの?

YK

別売りのケーブルを揃えることで、BluetoothやLightningなど用途に合わせて付け替えできるんです。万が一ケーブルが断線したとしても、取り替えられるので安心ですし。

ひろっぴ

プロユースから進化したSHUREのイヤホンならではですな。それでは、さっそくこの子を使って、クイーンを聴いていきますか!

クイーン随一の純粋主義者!? ディーコンの秘められた野生が爆発する、「Another One Bites the Dust」

ひろっぴ

お次の曲はベーシストのジョン・ディーコン作曲、「Another One Bites the Dust」! 1980年のリリースです。

Queen - Another One Bites the Dust (Official Video)

ひろっぴ

各国でチャート1位をゲット、特にアメリカではフレディ存命期間における最大のヒットとなりました。クイーンというとフレディとブライアンの作曲が目立つんですが、陰に隠れている印象のジョン・ディーコンが大ヒットを飛ばしてるってのは面白いなと。

YK

またジョン・ディーコンがベーシストだからなのかは分からないですけど、めちゃめちゃベースが主張している曲ですよね。

ひろっぴ

なるほど、確かに! 野太い音がずんずんくる。

YK

ディスコが一番流行っていた時代だったので、踊れる曲を作ろうってのもあったのかなと。ギターもカッティングでおかずとして入る感じで、ソロを聴かせるような感じではないですよね。

DJ S

これ元々はマイケル・ジャクソンのための曲だったって話があるんだよね。

YK

え、そうなんですか!?

DJ S

本当かどうかは分かんないですよ。でも当時マイケルのプロデュースを担当していたクインシー・ジョーンズが曲を気に入らなくて採用しなかったんだって。でも結果としては大ヒットしたんで、マイケルが怒ってクインシーに対する物言いがそれ以降強くなったんだとか。

ひろっぴ

そんな経緯が!

DJ S

だから下手したら、この曲が『Thriller』に入っていたかもしれないわけですよ。

YK

そう聞くと、マイケルが歌っても全然いけますね! そういえば、この曲をシングルとしてリリースするように強く勧めたのもマイケルだったそうですよね。

ひろっぴ

この曲って、USのブラック・ミュージックのチャートでも3週連続で2位を取っているんですよね。知った時は意外だったけど、でも「そういえばこの曲って、なんかマイケル・ジャクソンっぽい」と思ったんですよ。そしたら、そんな背景があったとは!

DJ S

ホントか分かんないけどね(笑) でも実際、マイケルはクイーンのファンでコンサートに行っていたし。フレディのソロアルバム『Mr. Bad Guy』に含まれている曲の『There Must Be More To Life Than This』には、マイケル・ジャクソンとデュエットしている音源もあるんだよね。

YK

2014年のベストアルバム『Queen Forever』には、二人のヴォーカルにクイーンの演奏を加えた『There Must Be More To Life Than This』のクイーン版も収録されてますよね。

DJ S

フレディとマイケルの未発表音源が実は結構あるらしくて、今後もしかしたら発表するかもしれないなんてブライアン・メイが言ってるんだよね。何年後かわかんないけど、映画ブームが落ち着いた頃に、出るかもしんないよっていう(笑)

YK

それは聴きたいですね!(笑)

ひろっぴ

またクイーン・ブームが来ちゃう(笑) ところで、ベーシストのジョン・ディーコンってどんな人なんです? 先ほど電子工学を学んでたなんて話はありましたが。

YK

クイーンの中では最年少で、あんまり前に出てこない人ですよね。

ひろっぴ

本人も「自分はバンドにひとりはいる、"おとなしいヤツ"なんだ」なんて言ってたみたいですね。

DJ S

ブライアンとロジャーはまだクイーンとしてバリバリ活動してるんだけど、彼はもう完全に引退しちゃってるし。活動し続ける人と身を引く人と。そこの線引きはすごい気になるよね。

ひろっぴ

聞いた話だと、ジョン・ディーコンはパフォーマーとしてのフレディに惚れ込んでいたそうで、フレディが亡くなった時点でもうクイーンとして活動する気はなかったみたいですね。追悼コンサートにも乗り気じゃなかった位で。

YK

フレディがヴォーカル以外のクイーンはあり得ないと思ったのかもしれないですね。

ひろっぴ

ブライアンとロジャーはソロでも活動しているじゃないですか。だから二人はクイーンだけが音楽活動の場だとは考えてなかったのかも。でもジョン・ディーコンの音楽は、クイーンとともに終わったと。

DJ S

ある意味では、すごい純粋主義だったのかもね。

ひろっぴ

そんな彼が作った「Another One Bites the Dust」ですが……邦題は「地獄へ道づれ 」。すごいタイトルだな、これ!(笑)

YK

知恵袋にもありますね、「地獄への道連れの意味は全くありません」という(笑)

ひろっぴ

なんでそういうタイトルになったか、むしろ知りたい!(笑)

DJ S

Bite the dustで、「死ぬ」とか「倒れる」とかいう意味なんだよね。歌詞を読むと、復讐のために、敵をどんどんとマシンガンで倒していく歌らしくて。「またひとり倒した!」って(笑)

ひろっぴ

そうなんだ! 穏やかなディーコンがそういう曲を作ったっていうのも、また面白いですな(笑)

哀愁あふれるアンセムソング! 遅咲きロジャーのヒット曲、「Radio Ga Ga 」

ひろっぴ

それではお次は、ドラマーのロジャー・テイラー作曲、「Radio Ga Ga」を聴いてみましょうか! アルバム『The Works』の収録曲で、1984年にシングルリリースされています。

Queen - Radio Ga Ga (Official Video)

ひろっぴ

この曲はイギリスで2位、その他19カ国で1位を取り、ロジャー・テイラー初の、そして遅めの大ヒット曲となりました。

YK

一番好きです、この曲

ひろっぴ

そうなんだ! なにゆえ?

YK

なんか泣けてくるんですよね。『ジュエルズ』を聴いていた時から、一番印象に残っていて。当時は小学6年生くらいだったんですが、この曲は未来に進んでいくみたいなイメージがありました。

ひろっぴ

クイーンを聴いて泣く小学6年生! さすがはMTVの選曲担当(笑) これ、中身はどんなこと歌ってるんです?

YK

「ラジオの時代があった。お前はまだまだ終わっちゃいない」という内容で。80年代洋楽の回でお話しした、「Video Killed the Radio Star」に通じるものがありますね。

ひろっぴ

廃れつつあるラジオへのノスタルジーを歌った曲ということですか。

DJ S

メディア批判的な意味合いも含まれているって聞いたかな。つまらないノイズを気にすんな、みたいな。

YK

「Radio Ga Ga」って、ラジオから流れる砂嵐の雑音のことですもんね。

ひろっぴ

「Video Killed the Radio Star」が79年だから、その5年後のリリースと。時代としては近いものの、やや後ですよね。

DJ S

その間にMTVが開局して、音楽界に大変革が起こってるんだよね。音楽は耳で聴くだけものから、観て聴いて楽しむものになり、それにつれてラジオの立場も怪しくなってきた。でもクイーンはラジオに育てられてきた部分もあるから。

ひろっぴ

哀愁を込めて、応援歌を歌ったと。

DJ S

その割には、こんな立派なMVを作って、MTVでじゃんじゃんかかっちゃったりしてるんだけどね(笑)

一同

(笑)

ひろっぴ

このMVには、SF映画の金字塔『メトロポリス』のシーンがちりばめられてるんですよね。バンドのメンバーもモノクロ映像になってたりして、レトロ・フューチャー感がたまらない!

DJ S

MVの中で、クイーンのメンバーと観客がする腕を伸ばすアクションあるじゃない? これをさあ、コンサート行くとみんなやるわけよ。おじいちゃんとかおばあちゃんまで、こんな風に(笑)

YK

あー、いいっすね!

ひろっぴ

この曲は映画『ボヘミアン・ラプソディ』の中でもライヴ・エイドのシーンでもすっごい盛り上がってましたねぇ。

YK

4月にアメリカのフェスに行った時に、DJが「Bohemian Rhapsody」を流したんですよ。そうしたら、何万人という若い観客がみんなで合唱していて。もう30年近くも前の曲なのに。なんかグッときましたね、そういう景色を見ると。

ひろっぴ

すべての世代に愛されると。

YK

もうフレディのクイーンを見ることはできないんですけど、「Radio Ga Ga」を合唱しているところはどこかで見たいな、という風に思います。

DJ S

そういうのをアンセム・ソングっていうんだよね。みんなで歌える名曲。クイーンには確かに多いよね、そういう曲が。

YK

名曲が多すぎます、本当に。レディー・ガガも「Radio Ga Ga」から名前を取っているんですよね。

ひろっぴ

ガガはクイーンから影響を受けているんだ。

DJ S

これ下手したら、将来レディー・ガガがクイーンのヴォーカルになったりするんじゃないかって思うんだよね。

YK

それ見たいですね!

DJ S

MTV Video Music Awardsでブライアン・メイと共演したり、LGBTっていう意味でもね。元々男性のヴォーカルだったバンドが、女性になっても良いじゃんという雰囲気がもうあるし。5年後にそうなっていても、全然驚かないな。

YK

あと思うのは、クイーンの曲ってやっぱりポップでキャッチーなんですよね。この曲もピアノがメインで、ちょっと電子音が入っていて、ギターも強くなくて。単純なハード・ロックではなく、いろんな要素を取り入れているなーと。

ひろっぴ

クイーンの幅の広さが、この曲でも出てるわけですね。

クイーンの曲に生まれ変わった! 第二次ブームを巻き起こした「I Was Born To Love You」

ひろっぴ

それでは次にいってみましょう。「I Was Born To Love You」! 実はこの曲は、フレディのソロ・アルバム『Mr. Bad Guy』の先行シングルとしてリリースされたのが初出なんですよね。まずは1985年リリースのそちらのバージョンから聴いてみましょうか。

Freddie Mercury - I Was Born To Love You (Official Video)

ひろっぴ

こちらはフレディのソロ曲なので、ロックというよりはエレクトロポップなノリの曲となっております。

一同

……。

ひろっぴ

あれ、微妙な雰囲気が!? こちらのバージョンはあまり日本ではなじみがないっぽい?(笑)

DJ S

ないですね(笑)

YK

ないと思います(笑)

ひろっぴ

フレディはソロ活動に熱心だったんですよね。

YK

やりたいことがありすぎちゃって、バンドだけじゃ表現しきれなかったのかなと。

ひろっぴ

このちょっと前、1982年のアルバム『Hot Space』の前後でメンバーの仲たがいがあって、一時解散の危機に陥ったなんて話も聞きました。みんなソロ活動をして、てんでバラバラな気持ちになっちゃったみたいな。

YK

バンドを長く続けていくのは大変だろうなーと思います。

ひろっぴ

でも結果としては、互いの必要性を再認識して、ライヴ・エイドでの圧倒的なパフォーマンスにつながるわけですね。

YK

映画でも感動的に再現されていました。

ひろっぴ

そのあとフレディは1991年にHIVで亡くなってしまうわけなんですけど、残されたクイーンのメンバーたちが、1995年に新アルバム『Made In Heaven』を発表しました。そこに収録された「I Was Born To Love You」がこちらです。

Queen - I Was Born To Love You - 2004 Video

ひろっぴ

こちらはオリジナル音源のフレディの声に、クイーンのメンバーたちが演奏をあてたアレンジになっています。いわば、フレディのソロ曲からクイーンの曲に生まれ変わった「I Was Born To Love You」ですね。

DJ S

うん、こっちだよね(笑) しっくりくる。

YK

やっぱり、全然こっちの方がいいなー!(笑) なんなんだろう。

ひろっぴ

最初の方からくるぞくるぞ感がすごいというか(笑)

YK

そうなんですよ。展開がきれいですよね。ソロ・バージョンだと単調に続く印象なんですが、こちらはなんというか、いろんな感情が沸き上がってきます!(笑) 僕がバンドサウンドが好きだからかもしれないですけど。

ひろっぴ

録音を使っているので、フレディの歌声自体に違いはないはずなんですけどね。

DJ S

やっぱり、他のメンバーの才能もすごかったってことだよね。

ひろっぴ

フレディも他の人もソロ活動してるけど、クイーンほどは成功していないし。四人集まったからこそのケミストリーもあったのかなと。

DJ S

必要があってのバンドなんでしょうね。ベースは疾走感っていうか、ドキドキさせてくれるような感じがあるし、ギターも感情をぐっと盛り上げてくれるようなサウンドで。それが必要なんだよね。

YK

いやー、やっぱりこっちの方が感動があるな、全然違うな!

DJ S

面白いよね。この比較で、クイーンの偉大さがわかるっていう(笑) やっぱりこの間奏の部分とか、ないといけないんだよね! 感情移入させるというか。

ひろっぴ

疾走感がすごいですよね。フレディ没後のアレンジなので望むべくもないんだけど、これを実際のライヴで聴いてみたかったなーと。

YK

ホントですね!

「Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」を聴きながら振り返る、あなたにとってのクイーンとは?

ひろっぴ

さて、いいお時間になってまいりました。本日最後の曲を聴きながら、まとめに入りますよ。その名も「Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」!

Queen - Teo Torriatte (2005 Video)

ひろっぴ

これは、5thアルバム『A Day at the Races』の結びの曲で、1977年に日本国内限定でシングルとしてもリリースされています。タイトルもですが、サビも日本語で歌われてるという、クイーンの中でも珍しい曲です。

YK

クイーンって、実は日本で最初に売れたんですよね。それもあってかすごい親日家で。ありがとうの意味も込めて、日本語の歌を作ったってエピソードがあった気がします。

ひろっぴ

そうなんですか!

DJ S

ミュージック・ライフ』という洋楽専門雑誌の名物編集長だった東郷かおる子さんが、まだ無名だった頃のクイーンを見いだして、日本に紹介したんだよね。フレディの日本びいきも有名で、自宅に日本庭園まで持っていたそうで。

ひろっぴ

それはすごい!(笑) いろんな表現活動に興味があったフレディらしいと。それでは、今日はたっぷりクイーンを聴いてきたわけですが、ひとりづつ感想をよろしくです!

YK

やっぱり名曲が多すぎて、セットリストを作るのが大変でした(笑) 僕が生まれる前の曲ばかりなんですが、すごい影響を受けていると思いますし、元気を出そうって時は聴いちゃいますし。また二十年後にブームがきたりするかもですので、もう一生楽しみですね。

ひろっぴ

いいですね、永遠に続くクイーン・ブーム(笑)

DJ S

ビートルズに続くスーパー・バンドがクイーンなんだと思います。実際、2005年時点で、27年連続でアルバムチャートにインしてるんですよね。これってビートルズやエルビス・プレスリーを200週以上離して圧倒的に1位なんですよ。

ひろっぴ

すごいですね!

DJ S

ポップでキャッチーで。それでいてジャンルに囚われない。まさにフレディのキャラクターを反映したバンド、それがクイーンだったのかなと思います。

ひろっぴ

では、自分からもひとつ! 今回クイーンを少しだけ知って感じたのは、メンバーが全員魅力的だってことですね。それぞれに知的なバックグラウンドがあり、特技を持ち、個性的なヒット曲を作っている。フレディが注目されることが多いですが、この奇跡の四人が集まったのがクイーンのすごさなのかなと思います。

YK

今月のMTVでは、そんなクイーンのミュージックビデオを合計4時間にわたって堪能できるスペシャル番組を放送します!

クイーン MUSIC VIDEO HISTORY MTV蔵出しスペシャル

1973年のデビュー以降、「We Are The Champions」「Don't Stop Me Now」「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」などの名曲を数多く発表、歴代セールスは3億枚を超え、2001年にはロックの殿堂入りを果たした伝説のクイーン。天性の歌声で長きに渡ってファンを魅了したボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」は累計興行収入100億円を突破。2020年1月には満を持しての来日公演が発表されており、留まることを知らないクイーン旋風はますます加速すること必至!すべてのクイーンファンのために歴代ミュージックビデオを一挙蔵出し、大ボリュームでお届け!

ひろっぴ

今週末はたっぷり奇跡のバンド、クイーンに浸りましょう!

アフターアワーズ

ひろっぴ

さて、今回は SHURE SE215 を使いつつクイーンを聴いたわけですが、みなさんどうでした?

YK

前回の SE112 よりもさらに音の解像度が上がっていると思います。なんて言うんだろう、一つ一つの音をくっきりと聴き取れるんですよね。

DJ S

低音のズンズン感はピカイチだと思う。あとこれ、ヘッドの部分が外れるのが面白いよね。

ひろっぴ

最初は驚いたけど、便利だと思った! しばらく使ってみたんだけど、電池切れになった時にさっと有線に切り替えられるのは、すごく快適でしたわ。

DJ S

今回は試してないけど、付属イヤピースの種類も充実してしるし。自分の耳に合わせれば、遮音性もさらに上がりそうだよね。

ひろっぴ

ふふふ、まだこれで満足してもらっては困りますな。次はさらにグレードの高いイヤホンを用意してますぜ(にやり)

YK

次回も楽しみです!(ハート)

(後編おわり)

この記事を書いた人

ひろっぴ
Webプロデュース担当。漫画オタクで完全無欠の洋楽素人。でも昔のテクノやハウスなら少しわかるかも?

関連番組

クイーン MUSIC VIDEO HISTORY MTV蔵出しスペシャル

Latest News

チャンス・ザ・ラッパー、デビューアルバムの詳細を発表!

音楽

ポール・マッカートニー、『素晴らしき哉、人生!』をミュージカル化?!

音楽

アリアナ・グランデ、GIVENCHYの新コレクションを公開!

セレブ

ラナ・デル・レイ、エルヴィス・プレスリーの妻役に立候補?

映画

ヘイリー・ビーバー、ランウェイからの引退をほのめかす

セレブ

マーゴット・ロビー、『タイタニック』の結末に不満の色示す?

映画

ジャネット・ジャクソン、往年の名作がレコード盤で再生産に

音楽

ハビエル・バルデム、実写版『リトル・マーメイド』でトリトン王役に?!

映画