レアル・マドリード所属のサッカー選手、自主隔離規則を破り刑務所送りか?

25 3月 2020

スペインのプロサッカーリーグ=リーガ・エスパニョーラの中でも、特に大スターばかりが集まっているクラブ、レアル・マドリード C.F.から、自主隔離規則を破ったことが原因で刑務所に送られることになりそうな選手が現れた。
 
現在新型コロナウイルスの感染拡大が続いているスペインでは、外出禁止令が敷かれている。レアル・マドリード所属のサッカー選手、ルカ・ヨヴィッチは、妊娠中の恋人に会いに行くため、母国セルビアへ帰国。自主隔離規則はスペインだけでなくセルビアでも言い渡されていた上、レアル・マドリードのプロバスケットボールチームに所属する選手の中に新型コロナウイルスに感染した人物が出たため、レアル・マドリード所属のサッカー選手とバスケットボール選手は2週間の隔離を言い渡されていた。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

So happy to share with you that we are going to have a baby🤰🏼🥰Love you ❤

Luka Jovic(@lukajovic)がシェアした投稿 -


 
しかし、今月19日、ヨヴィッチ選手はクラブの許可を取った後にスペインを離れセルビアへ飛んだ。すると、政府が言い渡した自主隔離規則を破ったとして、刑務所へ送られる可能性を抱えることになってしまったのだという。
 
セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領は、ヨヴィッチ選手に対し現在捜査が進めていられると発表。またアナ・ブルナビッチ首相はこの一件に関し、「外国で何百万ユーロも稼ぐようなサッカー界のスーパースターが、母国に帰ってきて義務として課せられている自主隔離の規制を破るのは、悪い例でしかありません」と、ヨヴィッチ選手を批判するコメントを出している。
 
これに対しヨヴィッチ選手は、セルビアが自主隔離規則を敷いていることを知らなかったと釈明した他、「スペインにいた時、COVID-19の検査を受けて陰性の結果が出た。だから家族をサポートするためにも、セルビアへ帰ることに決めたんだ。ちゃんとクラブの許可を取った上でね」と、検査結果は陰性だったと主張を続けている。
 
「セルビアに帰った後も、改めて検査を受けて陰性の判定が出た。自主隔離規制の中でどんな風にして過ごせばいいのか、プロとしての役目を果たさず、僕に情報を与えてくれる人がいなかったことはとても残念だよ」「スペインでは、薬局やスーパーマーケットに行って、必要な食材を揃えることが出来た。でもセルビアでは違うみたいだね。僕のせいで感染の危険に晒されることになってしまった人たちに謝りたいし、一丸となってこの件を乗り越えられればいいなと願ってるよ」
 
 

 



Category:

Latest News

セレーナ・ゴメス、元恋人ジャスティン・ビーバーの投稿を“いいね!”し慌てて取り消し

セレブ

デミ・ロヴァート、噂の新恋人のインスタ・ライヴにうっかり映り込み交際が確定?!

セレブ

ドレイク、長いこと存在を秘密にしていた息子の写真をSNSで初公開!

セレブ

メジャー・レイザー、マーカス・マムフォードを迎えた新曲をリリース!

音楽

超貴重!アリアナ・グランデ、くせ毛が美しいナチュラルなヘアスタイルを公開!

セレブ

サム・フェルト、本人主宰のレーベルよりデビューシングルをリリース!

音楽

自主隔離のお供に!ビリー・アイリッシュの塗り絵本が登場!

音楽

ボン・ジョヴィ、新曲「Unbroken」の収録にヘンリー王子が立ち会う?!

音楽