想像と違う…!実写版『アラジン』が早速ツイッター上で大喜利のネタに

21 12月 2018
Entertainment Weeklyにて実写版『アラジン』の主要キャラたちのイメージが解禁。ミーナ・マスード演じるアラジン、ナオミ・スコット演じるジャスミン、ウィル・スミス演じるジーニーの姿が初披露されたわけだが、ウィルによるジーニーは早速ネタ扱いされている。


「『アラジン』のウィル・スミスは『モータル・コンバット』に出てきたコイツに似てる!」



「ウィル・スミスが『アラジン』の最初の写真を見たときのリアクション」



「同僚に、この髪は頭に吸盤でくっついてるのかどうかって聞かれたんだけど」



「新しい『アラジン』の映画のためにウィル・スミスのジーニーを修正したよ」



「ウィル・スミスは(ボディビルダーの)カイ・グリーンみたい」



「ウィル・スミス:やあツイッターの皆、俺の新作映画『アラジン』の写真を見てよ
ツイッター民:…」



「ジーニー!最初のお願いよ。これを一切見なかったことにして」



1992年に公開された『アラジン』のジーニーはロビン・ウィリアムズが声優を務めていた。ウィルによるジーニーはロビンによる元祖ジーニー、そしてウィル主演のテレビドラマ『ベルエアのフレッシュ・プリンス』や映画『最後の恋のはじめ方』のキャラクターたちを融合させたようなものになるらしい。本作の監督ガイ・リッチーはEWにこのように語っている。「(ジーニーのイメージは)1970年代の筋肉質な親父だ」 「トレーニングに夢中というわけじゃなくて、部屋にいるときの存在感がすごくて、近くにいると圧を感じるような雰囲気の人物さ」

また、「オリジナルのアニメーション作品をそのまま実写化したら」と世間が想像をめぐらせた末、次々と公開される撮影ショットに「思ってたのと違う!」と思わず声を漏らしてしまうのは、なにもウィルのジーニーだけではない。昨日ディズニーの公式Facebookで公開された、本作のヴィランであるジャファーの画像についても、「イケメンすぎる」とネット民がザワザワ。「アラジンよりもジャファーを応援したくなる」という声でツイッターが溢れ返った。





「アラジン役の人が驚異的な演技を披露してくれることを願ってるわ。じゃないと思わずジャファーを応援したくなっちゃう、イケメンすぎるもん。ジャファーを差し置いてジャスミンはアラジンを選ぶの?」



「ジャファーに勝って欲しい」



「ジャファーがこんな見た目してるっていうのに、なんでアラジンを応援しなくちゃいけないの?」



「アラジンの存在に気付かせないように、ジャスミンがジャファーに気があるフリをするシーンがあるの、覚えてる?私が思うに、ジャスミンはもう"フリ"なんて必要ない」



「ジャファー:お前は俺と結婚するんだよ、お姫様!
ジャスミン:全く問題…ないわ」



アニメと異なり、肌色で個性的な髭を蓄えたウィルのジーニー、そして異常なまでに"イイ男"すぎるジャファーに様々な意見が集まっているが、実写版『アラジン』はディズニーアニメの完全リメイクというわけではない。もちろん作品の影響下にはあるが、イスラム世界における説話集『千夜一夜物語』にモータル・コンバット収録されている元ネタ話『アラジンと魔法のランプ』も参考にしているそうだ。

また、本作のために『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』の歌曲などで知られるパセク&ポールがオリジナル楽曲を準備中とのこと。新たなる『アラジン』においては、おなじみの楽曲だけでなく各キャラクターの新たな一面を見ることになるかもしれない。

『アラジン』は2019年5月24日(金)に全米公開予定だ。
Category:

Latest News

MTV洋楽虎の穴! 第05回 「MTV音楽と映像の世紀! 80年代名曲に、洋楽黄金時代の幕開けを聴く!(後編)」

連載・コラム

ジョージ・クルーニー、バイク事故時に死を覚悟

Show

カーディ・B、トーク番組を企画中!?

Show

ゾーイ・クラヴィッツが極秘結婚?

Celeb

アリアナ・グランデ、爆破テロ事件から2年を迎えたマンチェスターに敬意

Music

プラダ、来年から毛皮を全面廃止へ

Culture

ウィル・スミス、妻ジェイダ・ピンケット=スミスの番組は時に耐え難い!?

Show

ジャスティン・ビーバー、シュミットから制汗剤発売へ

Celeb