リンキン・パーク、デビュー作20周年記念盤のリリースが決定!未発表曲の解禁も!

17 8月 2020
その独特なサウンドで衝撃的なデビューを飾り、音楽シーンに多大な影響を与えリンキン・パークの名作『Hybrid Theory』20周年記念盤が、10月9日にリリースとなる。
 
2000年10月にリリースされた『Hybrid Theory』は、21世紀史上最も売れたデビューアルバムであり、ヘヴィー・ロック、オルタナティブ・ロック、ヒップ・ホップ、エレクトロニックといった様々なジャンルの要素が混在し、音楽の新しいジャンルを世に送り出した革新的な作品となった。リンキン・パークは世代を超え多くのファンから愛され、また音楽シーンにも多大なる影響を与えてきた。『Hybrid Theory』は2001年に米国で最も売れたアルバムであり、そのセールスは全世界2500万枚を超えている。
 

 
『Hybrid Theory』のヒットの要因には、当時かなり集中的にツアーを行っていたこと、また収録曲から「One Step Closer」、「Crawling」、「In the End」の3曲のヒットシングルが生まれたことが挙げられている。「Crawling」では、グラミー賞最優秀ロック・パフォーマンス賞受賞の快挙を達成している。
 
また20周年記念盤の発表に伴い、未発表楽曲である1999年に制作したデモ「She Couldn't」が公開となった。2017年に突如亡くなったフロントマン、チェスター・ベニントンが歌う"新曲"がまさか聴けるとは思っていなかったファンにとっては、これ以上ないほど嬉しいプレゼントとなった。
 

 
『Hybrid Theory (20th Anniversary Edition) 』では、未発表楽曲など貴重な音源も新たに収録となる。通常盤は、オリジナルアルバムの他にもレア音源を収録したBサイドCDが付属するCD2枚組となり、スーパーデラックス版となるボックス・セットは、未発表のレア音源を収録したCD5枚、レコード3枚、当時のライブ映像を余すことなく詰め込んだDVD3枚、当時のストリート・チーム・サンプラー用の再現カセットテープ他、未公開の写真など貴重な資料を集めた豪華なイラスト付きブック(80ページ)、ツアーパスのレプリカ、チェスター・ベニントンの大判ポスターの他に、アルバム・ジャケットを新たにマイク・シノダ、ジョー・ハーンとフランク・マドックス(オリジナル・アルバム・ジャケット、今回の20周年記念盤ジャケットのデザインを手掛けたアート・ディレクター)の3人が書き下ろしたリトグラフが封入される予定だ。
 

 
スーパーデラックス版は、日本国内ではワーナーミュージックダイレクトで予約販売されるとのこと。ファンは是非チェックしよう!






Category:

Latest News

2021年「第78回 ゴールデン・グローブ賞」のノミネーション一覧が発表に!

映画

モーガン・ウォレン、差別的発言により「ACM Awards」ノミネート資格を取り消される

音楽

ビービー・レクサ、“薬物の過剰摂取で死去”という嘘のツイートについて言及

音楽

レディー・ガガがオレオとコラボ?!緑のクリームの正体とは一体…?!

音楽

リル・ウージー・ヴァート、ダイヤモンドを額に埋め込む?!あのマーベル キャラとの比較も

音楽

プリヤンカー・チョープラーが激白!交際開始からたった2ヶ月で「プロポーズされた」

音楽

ブラザーズ・オズボーンのT.J. オズボーン、同性愛者であることを告白

音楽

プーマ・ブルー、デビューアルバムから新曲「Already Falling」を先行リリース

音楽