ラッパー達がボクシングの試合に挑戦!?

30 11月 2018
先週末、『ロッキー』シリーズのスピンオフ映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編『クリード 炎の宿敵』が全米の劇場で封切られた。同時期に公開された『シュガー・ラッシュ:オンライン』がライブアクション映像作品において歴代トップのオープニング成績を達成し興行収入1位に輝いたが、本作大健闘。前作を上回る大入りで2位にランクインしていた。
 
本作が話題となっている要因の一つは豪華なサウンドトラックにある。売れっ子プロデューサーのマイク・ウィル・メイド・イットが手がけており、ケンドリック・ラマーやファレル・ウィリアムス、ボン・イヴェール、リル・ウェイン、ニッキー・ミナージュ、ヴィンス・ステープルズなど錚々たるアーティストたちが参加しているのだ。現地時間11月27日には、マイクとヤング・サグとスワエ・リーがサントラ収録曲「Fate」をパフォーマンスするため、人気番組『ザ・トゥナイト・ショー』に音楽ゲストとして出演した。
 

 
『クリード 炎の宿敵』がボクシングの物語であることに因み、3人がパフォーマンスを行ったのはなんとリングの上!マイクはレフェリーのようなポジションで、リング後方にてターンテーブルを操作。そしてヤングとスワエは各々の名前入りボクシングトランクスを履き、ローブを羽織って選手のような出で立ちで現れた。スワエはグローブを首にかけており、一方ヤングは白いタートルネックにゴールドのネックレスを付け、それぞれの個性が光るボクシングスタイルを披露。リング上には椅子や水なども置いてあり、パフォーマンス後にはタオルが投げ込まれるなど、スタジオは本物の試合さながらの雰囲気に。実際にバトルが行われることはなかったが、映画のヒットを後押しするようなクールな演出となっていた。
Category:

Latest News

絶望的!マルーン5、ハーフタイムショーの共演者見つけられず

Music

アリアナ、新曲「Imagine」をリリース!

Music

悪意はない?『ゴシップ・ガール』紹介文がおかしいと話題に

Show

スパイダーマン&スター・ロード、ピクサー新作で再会!

Movie

ジャスティン・ビーバー SPECIAL

Special

Little Glee Monster SPECIAL

Special

宇多田ヒカル SPECIAL

Special

DEAN FUJIOKA SPECIAL

Special