クイーンズライクの新作『The Verdict』日本先行発売が決定!

11 1月 2019
プログレッシヴ・メタルの草分け的存在として1980年代から1990年代にかけ一時代を築いたキャリア35年超のベテラン・バンド、クイーンズライク。彼らの約3年半ぶりとなるニューアルバム『The Verdict』が、日本先行となる2月27日(水)に発売されることが決定した。通算15作目となる本作は日本におけるレーベル移籍第1弾で、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売。

ヘヴィ・メタルの歴史的名盤と評される1988年発表の3作目『Operation: Mindcrime』、全米だけで300万枚以上のセールスをあげ商業的に最も成功した1990年の4作目『Empire』などを筆頭に、これまで全世界で累計3,000万枚のアルバム・セールスを誇る彼らだが、1990年代後期から2010年代初頭にかけては、音楽性の変化やジェフ・テイト(Vo)と他のメンバーとの不和、オリジナル・メンバーであるクリス・デガーモ(G)の脱退などが影響し長い間低迷していた。
 


しかし、バンド内で一番の問題児となっていたジェフ・テイトを解雇し、後任ヴォーカルにトッド・ラ・トゥーレを迎えて発表した2013年の13作目『Queensrÿche』から、ようやく本来の姿を取り戻し始めている。特に2015年の前作『Condition Hüman』は、1990年の傑作『Empire』を意識した作品作りで各国ロック・アルバム・チャートの上位に食い込むなど復活の狼煙を上げている。注目の新作は、前作に続きゼウス(ロブ・ゾンビ、ソウルフライ、ヘイトブレード他)をプロデューサー/エンジニアに迎え、前作以上の強度を持った佳曲揃いの作品に仕上がっている。

オリジナル・メンバーのマイケル・ウィルトン(G)は次のように語る。
「新作は長年の間で作ってきた中で、最もメタルで最もプログレッシヴな作品になったよ。みんなに聴いてもらうことをこの上なくエキサイトしているんだ」
 


長いトンネルを完全に抜け出し、ベテランの底力を存分に発揮した彼らへの"The Verdict"は一段とポジティヴなものになるのは間違いないだろう。

なお、日本独自仕様となる完全生産限定のデラックス・エディションには、未発表音源や既発曲のアコースティックver.などのレア・トラック集がCD2に収められている。
Category:

Latest News

ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデに感謝

Music

トラヴィス・スコット、寄付金で中絶禁止法に抗議

Celeb

エイミー・シューマー、出産からわずか2週間でステージ復帰

Celeb

イタリアンレストランに食べられるレオナルド・ダ・ヴィンチが登場!

Culture

『ジョン・ウィック:パラベラム』、『アベンジャーズエンドゲーム』を抑えて首位

Movie

ウーピー・ゴールドバーグ、30パーセントの確率で死んでいたかも!?

Celeb

ジョニー・デップ、法廷で自らアンバー・ハードを非難

Movie

ドレイク、高校時代のメモ帳が高額で売りに出される

Celeb