富田鈴花・松田好花 (日向坂46) - Special Interview

22 5月 2020

2020年3月3日(火)、日向坂46の"花ちゃんズ"こと、富田鈴花と松田好花によるギター弾き語りイベント「MTV ACOUSTIC FLOWERS -Bell & Like-」の開催が予定されていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催延期となり、現時点ではまだ延期の日程は決まっていない状況となっている。

MTVでは、富田鈴花と松田好花にリモートでインタビューを実施。外出自粛期間をどう過ごしているか、音楽との接し方、過去にMTVのイベントに出演した話、そして「MTV ACOUSTIC FLOWERS -Bell & Like-」開催に向けての想いなどを語ってもらった。

おうち時間の過ごし方

―― 最近はどのように過ごしていますか?(取材日は5月中旬)

松田 : 外出自粛期間になってから、日向坂46の公式メッセージアプリやブログで発信することが増えました。最近はいろんなことに挑戦して、それを発信して、という日々の繰り返しですね。

富田 : 家に楽器がいっぱいあるので、一人セッションみたいなことをしています。その映像を同じようにメッセージアプリで発信しています。

松田 : 洋服など、買い物は外に買いに行けないので、ネットショッピングをしていますね。

富田 : 私は安いやつなんですけどコンデンサーマイクと、でっかい照明を買いました。

松田 : 照明って丸いやつ?

富田 : そう!たぶんメンバー全員共通で、撮影のために、でっかい照明を買っていると思う(笑)。

―― 外出自粛期間中に新しく始めたことはありますか?

松田 : メッセージアプリで動画を送る時に編集した方が見やすいなと思って、動画編集を始めました。最初は携帯のアプリで作業してたんですけど、やっていく内にもうちょっとやりたいなと思うようになって、パソコンで編集ソフトを買っちゃいました(笑)。せっかく時間もあるし、本格的にやってみようかなと思って、色々とチャレンジしています。

富田 : 去年パソコンを買って、絶対DTMをやろうって決めてたんですけど、全然できていなくて、このタイミングで始めることができました。日向坂46オリジナルの"STAY HOME"動画の音楽も、私が作った曲のデータをスタッフさんに送って、意見を頂いてやり直してという感じで、試行錯誤しながら作りました。今年、こうやって時間がいっぱいある中で、自分のやりたいことができているなと思っています!

"STAY HOME"音楽との触れ合いに関して

―― 最近聞いている音楽は?

富田 : ブログにも書いたんですけど、プリンセス プリンセスさんとか、森高千里さんとか、80年代の音楽を聞くようになりました。プリンセス プリンセスさんは母がCDをいっぱい持っていたので、それを聞いています。

松田 : 自分たちのライブをよく見返していて、この前も2018年の武道館の映像を見ていました。当時を少し懐かしみながら、そして早くライブができたらいいなって思いながら見ています。

―― 新しい音楽の情報はどうやって得ていますか?

富田 : ファンの皆さんがおすすめの音楽を教えてくださるので、そこから聞いてみたりしています。JAZZも好きなんですけど、最近はジャミロクワイさんにはまりました。

松田 : Apple MusicのTop100を見て、知らない曲があったら順番に聞いています。最近だと、YOASOBIさんの「夜に駆ける」という曲が上位にあって、知らなかったのでチェックしました。

―― 外出自粛期間中にMTVの#AloneTogether(一緒にひとりを楽しもう!)プロジェクトで、オリジナルPlaylistを作成して頂きました。それぞれ選曲した楽曲に関して教えてください。

(日向坂46 Playlist –富田鈴花はSUPER BEAVER「ひなた」、松田好花はAI「ハピネス」を選曲)

松田 : 暗いニュースや嫌なニュースがたくさん流れてきて、気持ちが落ちちゃうこともあるけど、やっぱり笑顔でいることが大事だなと思ったんです。みんなが笑顔でいれたらいいなと思って、そういう願いを込めて、AIさんの「ハピネス」を選曲しました。

富田 : SUPER BEAVERさんは同じイベントに出演したことがあって、その時にライブを見させて頂きました。そのライブでの会場の一体感がすごくて、SUPER BEAVERさんの曲も素敵で、それから聞くようになりました。いろんな曲を聞いていくうちに、「ひなた」っていう曲に出会って、こんなにピンポイントな曲はないだろうと思ってこの曲にしました。歌詞もすごく好きです。

松田 : SUPER BEAVERさんの「ひなた」という曲の存在を知らなかったので、鈴花の選曲で初めて、『「ひなた」っていう曲があるんだ!』と知りました。そこから気になってしまって、私も聞いています(笑)。

富田 : あと、メンバーの選曲を見て、(上村)ひなのが宇多田ヒカルさんを選曲しているのが意外で!宇多田さんを聞いている印象がなかったので、初めて知ってビックリしました(笑)。

―― 他にもおすすめしたいアーティストはいますか?

松田 : 聞いているメンバーも多いんですけど、ヨルシカさんにはまりました。毎日違う曲を流しながらメイクをしているんですが、最近はヨルシカさんの曲をかけることが多いです。

富田 : 本当にいっぱいあるんですけど、凛として時雨さんが大好きなんですよ。TKさんのギターが本当に大好きで。ライブも何回か行ったことがあるんですけど、あの凄まじいギターを生で皆さんに聞いてほしいですね。

MTV × 日向坂46

―― 日向坂46として出演した、MTVのイベントの話を聞かせてください。2019年3月14日、Zepp Tokyoで開催された「MTV LIVE PREMIUM: 日向坂46 -1st Story- 」の思い出はありますか?

松田 : Zepp Tokyoは、けやき坂46(ひらがなけやき)の初ワンマンライブの会場で、一期さんの思い入れが強いことは知っていたので…。なんて言うんですかね…、一期さんの思い出の場所で私たちもライブができたのが、すごく嬉しかったです。

富田 : 他の会場にはない、Zepp Tokyoならではの一体感というものがあるなぁと思いました。例えば、踊っている時に常にお客さんの表情を感じられているというか。

松田 : ライブが進んでお客さんが盛り上がるたびに熱気がどんどん増していって、会場が熱かったイメージがあります。

富田 : 確かに!

―― ちなみに、お客さんとしてZepp Tokyoのようなスタンディングの会場でライブをに見に行ったことはありますか?

富田 : ありますね。でも前のほうに行くのは怖くて、後ろの柵の前とかで見るタイプでした(笑)。

―― 2019年9月18日に開催された「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」ではMCとして出演頂きました。振り返ってみて、いかがでしたか?

富田 : GLAYさんのMCを担当させて頂いたんですけど、絶対に間違えてはいけないと思って、ずっと台本を読み込んでいました。本当に緊張しましたね、あの時は。

松田 : 大先輩なので本当に緊張してたんですけど、ご一緒するとめちゃくちゃ優しくて。

富田 : 優しかったね。

松田 : 質問させて頂くと目を合わせて話してくださって、それだけですごい安心して。なんて素敵な方々なんだろう、と思った記憶があります。

―― VMAJ当日は、早朝の会場入りで長い一日だったと思いますが、印象に残っていることはありますか?

松田 : リハーサルから出演アーティストの方々のパフォーマンスを見させて頂いたんですけど、やっぱり生の迫力はすごいなと思って、一日で虜になってしまいました。終わってから、たくさん曲をダウンロードしました(笑)。

富田 : 三浦大知さんがすごく好きなんですけど、リハーサルから見させて頂いて、嬉しすぎましたね。他の出演者の皆さんも、King Gnuさん、BiSHさんなど、今の音楽シーンのオールスターなんじゃないかという気がして、その中で私たちがMCとして出演させて頂けたことが、本当にありがたかったです。

松田 : 衣装も今までの私たちの衣装にあまりなかったテイストだったので、お気に入りです。空色で、ドレッシーな感じで。

富田 : (2019年9月26日に開催された)さいたまスーパーアリーナのライブでも、「Dash&Rush」をあの衣装でやったね。

松田 : ヒールでステージをダッシュしてました(笑)。

富田 : VMAJの衣装は、みんなが似合うって言ってくれて、私もお気に入りです。

【MTV ACOUSTIC FLOWERS -Bell & Like-】開催に向けて

―― 自宅でギターは弾いていますか?

松田 : はい。

富田 : 私はアコースティックギター以外に、エレキギター、ベースも毎日弾いています。また、昔ピアノを習っていたんですけど、今はあんまりできなくなっちゃったので、キーボードで改めて練習したりもしています。

―― 「Bell & Like Acoustic guitar session」と題して、りまちゃんちっく(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花によるユニット)の楽曲「沈黙した恋人よ」のリモートセッション動画をメッセージアプリで公開されましたね。

富田 : 弾き語りする時に、ギターも歌も聞かせられる曲は何かなと考えて、「沈黙した恋人よ」が思い浮かびました。初めてのリモートでのセッションだったのでなかなか合わず、試行錯誤を重ねての完成だったので、達成感でいっぱいです!

松田 : 曲は鈴花が提案してくれて、『ここのストロークをこんな感じにしよう』とか相談しながら練習しました。私は高音が特に苦手なので、それに向き合う機会にもなり、良い学びになったと思っています!

※松田好花が編集を担当し、日向坂46の公式メッセージアプリで公開されたリモートセッション動画「Bell & Like Acoustic guitar session」の一部を、期間限定で特別にお届けします。(公開期間:6月1日(月)18時まで)

―― これからギターを始めたい人におすすめの練習法はありますか?

富田 : そもそも、上手じゃないから言える立場じゃないんですけど…。ギターを始めた時に弦を押さえる左手の指の力が全然なかったので、ムカデ練習法みたいなやつ(※クロマチック・トレーニングといわれる「運指」と「ピッキング」を習得する練習方法)をひたすらやってました。

松田 : それ、私もやってました。高校に入って部活どうしようかなと考えていた時に、ギターが弾けたらかっこいいなと思って、軽音部に入ったことがギターを始めたきっかけで。そしてエレキギターを買って、バンドを組んだんですけど、最初は同じ練習をしていました。

―― 楽器を演奏している立場から見て、プレイヤーとして好きなアーティストはいますか?

富田 : ギターじゃないんですけど、凛として時雨さんの345さんのベースは、音が太くて重いんですよ。あのかき鳴らしている姿がすごく好きです!

松田 : (しばらく考えて…)、ちょっと難しいですね。皆さんすごすぎて。私の中では、プロとしてやられている方は全員すごいなって思っています。

富田 : もう一人、VMAJでKing Gnuさんの演奏を見た時に、常田さんのギターの歪みの音が音源と全然違って、生で聞いたら本当に迫力がすごかったです!あの日、一番印象に残っています。

―― 最後に、「MTV ACOUSTIC FLOWERS -Bell & Like-」への想いをお願いします。

富田 : 延期になってしまった分、練習の期間が長くなったとポジティブに考えています。最後のリハーサルの時より、いろんなものがパワーアップしている状態に仕上げて、開催できるとなった際に自信を持って出演させて頂けたらと思っています。

松田 : 開催日だった3月3日の直前、実は切羽詰まっていて、『あーどうしよう?』ってなっていたので、延期になったことで、ちょっと落ち着いて、一つ一つ丁寧に取り組んでいく時間ができたなと思っています。なので、より良いものにできたらいいなと思いながら、これからも日々練習していきます。



関連リンク

MTV ACOUSTIC FLOWERS -Bell & Like-
http://www.mtvjapan.com/news/rfbsil/maf-bell-and-like
※延期の日程は、決まり次第お知らせ致します。

日向坂46
https://www.hinatazaka46.com/

Category:

Latest News

ヘイリー・ビーバーが告白!姉の協力なしではジャスティンとのデートは実現しなかった!

セレブ

TikTokの王ジェイソン・デルーロ、新チャレンジ向けの動画がすごすぎると話題に

セレブ

レディー・ガガがアリアナ・グランデとコラボ!新曲「Rain On Me」をMVと共に解禁!

音楽

著者が暴露!『ハリー・ポッター』誕生の地は、あのカフェではなかった?!

映画

ザ・ウィークエンド、ドージャ・キャットを迎えた「In Your Eyes」リミックス版を解禁!

音楽

お互いにゾッコン!デミ・ロヴァート、SNS上でマックス・エーリックとイチャイチャ!

セレブ

新作が好評発売中のThe 1975、メンバー愛と日本愛を歌う「Guys」のMVを公開!

音楽

元恋人同士のジョーイ・キングとジェイコブ・エロルディ、続編作のポスターで完璧な距離感を保つ

映画