2019年「ゴールデン・グローブ賞」ノミネート発表!

10 12月 2018
「第76回ゴールデン・グローブ賞」のノミネートリストが発表された。

俳優ブラッドリー・クーパーが監督を務めたレディー・ガガ主演作『アリー/スター誕生』は映画部門において作品賞(ドラマ部門)・主演女優賞・主演男優賞・監督賞・主題歌賞の5部門にノミネート。本作は批評家・一般客から大絶賛されており、サウンドトラックも大ヒット中。主題歌「Shallow」は「グラミー賞」でも4部門にノミネートされている。各賞レースにおける重要作品となりつつあると言えるだろう。

そんな快進撃を続けている『アリー/スター誕生』を上回り、最多ノミネートとなったのは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』などで知られるアダム・マッケイ監督による『バイス』。本作はクリスチャン・ベールが体重を約20キロ増量し、元アメリカ副大統領ディック・チェイニーを演じた伝記映画だ。まだ一般公開されておらず、批評家たちも数週間前から観られるようになったばかりだが軒並み高評価を得ているようだ。その他映画部門においては『女王陛下のお気に入り』や『グリーンブック』などのノミネートが目立っている。

テレビドラマ部門の作品賞(ドラマ部門)において、スリリングな雰囲気の作品が連なるなか異色のノミネートを果たしたのが、ライアン・マーフィーによる新ドラマ『Pose』(原題)。80年代ニューヨークのボールルーム・カルチャーを描き、大勢のトランスジェンダー役者たちが出演している作品だ。

「第76回ゴールデン・グローブ賞」は現地時間2019年1月6日に開催予定。司会を務めるのは女優サンドラ・オーとコメディアンのアンディ・サムバーグだ。

【映画部門】
<作品賞(ドラマ部門)>

『アリー/スター誕生』
『ブラックパンサー』
『ビール・ストリートの恋人たち』
『ブラック・クランズマン』
『ボヘミアン・ラプソディ』

<作品賞(ミュージカル・コメディ部門)>
『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『クレイジー・リッチ!』
『バイス』

<主演男優賞(ドラマ部門)>
ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
ウィレム・デフォー『At Eternity's Gate』(原題)
ルーカス・ヘッジズ『Boy Erased』(原題)
ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』

<主演女優賞(ドラマ部門)>
レディー・ガガ『アリー/スター誕生』
グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』
メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?』(原題)
ニコール・キッドマン『Destroyer』(原題)
ロザムンド・パイク『A Private War』(原題)

<主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)>
クリスチャン・ベール『バイス』
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』
ロバート・レッドフォード『The Old Man & The Gun』(原題)
リン=マヌエル・ミランダ『メリー・ポピンズ リターンズ』
ジョン・C・ライリー『Stan & Ollie』(原題)

<主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)>
オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
エミリー・ブラント『メリー・ポピンズ リターンズ』
シャーリーズ・セロン『タリーと私の秘密の時間』
エルシー・フィッシャー『Eighth Grade』(原題)
コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』

<助演男優賞>
ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ』
サム・ロックウェル『バイス』
マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?』(原題)

<助演女優賞>
エイミー・アダムス『バイス』
レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』
クレア・フォイ『ファースト・マン』
エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』

<監督賞>
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』
ピーター・ファレリー『グリーンブック』
アダム・マッケイ『バイス』
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』

<脚本賞>
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』
バリー・ジェンキンス『ビール・ストリートの恋人たち』
アダム・マッケイ『バイス』
ピーター・ファレリー&ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリー『グリーンブック』

<アニメ映画賞>
『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』
『未来のミライ』

<外国語映画賞>
『Capernaum』(原題)(レバノン)
『Girl』(原題)(ベルギー)
『Never Look Away』(原題)(ドイツ)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)

<主題歌賞>
「All The Stars」(『ブラックパンサー』)
「Girl in the Movies」(『Dumplin』(原題))
「Revelation」(『Boy Erased』(原題))
「Requiem For A Private War」(『A Private War』(原題))
「Shallow」(『アリー/スター誕生』)

<作曲賞>
マルコ・ベルトラミ『クワイエット・プレイス』
アレクサンドル・デスプラ『犬ヶ島』
ルドウィグ・ゴランソン『ブラックパンサー』
ジャスティン・ハーウィッツ『ファースト・マン』
マーク・シャイマン『メリー・ポピンズ リターンズ』

【テレビドラマ部門】
<作品賞(ドラマ部門)>

『ジ・アメリカンズ』
『ボディガード -守るべきもの- 』
『Homecoming』(原題)
『Killing Eve』(原題)
『Pose』(原題)

<作品賞(ミュージカル・コメディ部門)>
『マーベラス・ミセス・メイゼル』
『コミンスキー・メソッド』
『バリー』
『グッド・プレイス』
『Kidding』(原題)

<作品賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)>
『エイリアニスト』
『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
『Escape at Dannemora』(原題)
『KIZU-傷-』
『英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件』

<男優賞(ドラマ部門)>
ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』
ステファン・ジェームズ『Homecoming』(原題)
リチャード・マッデン『ボディガード -守るべきもの- 』
ビリー・ポーター『Pose』(原題)
マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』

<女優賞(ドラマ部門)>
サンドラ・オー『Killing Eve』(原題)
カトリーナ・バルフ『アウトランダー』
エリザベス・モス『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
ジュリア・ロバーツ『Homecoming』(原題)
ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』

<男優賞(ミュージカル・コメディ部門)>
サシャ・バロン・コーエン『Who is America』(原題)
ジム・キャリー『Kidding』(原題)
マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』
ドナルド・グローヴァー『アトランタ』
ビル・ヘイダー『バリー』

<女優賞(ミュージカル・コメディ部門)>
レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』
クリステン・ベル『グッド・プレイス』
キャンディス・バーゲン『TVキャスター マーフィー・ブラウン』
アリソン・ブリー『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』
デブラ・メッシング『ふたりは友達? ウィル&グレイス』

<男優賞(ミュージカル・コメディ部門)>
アントニオ・バンデラス『ジーニアス:ピカソ』
ダニエル・ブリュール『エイリアニスト』
ダレン・クリス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
ベネディクト・カンバーバッチ『パトリック・メルローズ』
ヒュー・グラント『英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件』

<女優賞(リミテッドシリーズ/テレビムービー部門)>
エイミー・アダムス『KIZU-傷-』
パトリシア・アークエット『Escape at Dannemora』(原題)
コニー・ブリットン『Dirty John』(原題)
ローラ・ダーン『The Tale』(原題)
レジーナ・キング『運命の7秒』

<助演男優賞>
アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』
キーラン・カルキン『キング・オブ・メディア』
エドガー・ラミレス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
ベン・ウィショー『英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件』
ヘンリー・ウィンクラー『バリー』

<助演女優賞>
アレックス・ボースタイン『マーベラス・ミセス・メイゼル』
パトリシア・クラークソン『KIZU-傷-』
ペネロペ・クルス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
タンディ・ニュートン『ウエストワールド』
イヴォンヌ・ストラホフスキー『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』


(C)Getty Images
Category:

Latest News

ALEX YORKのワンポイント英会話 第09回「うさぎとかめ パート④」

連載・コラム

マデリン・ペッチとトラヴィス・ミルズ、3年間の交際の末破局を発表

セレブ

ザ・ウィークエンド、ベラ・ハディッドと家庭を持つつもりでいた?

音楽

ラウヴ、新作からリードトラック「Modern Loneliness」をリリース!

音楽

ルイス・キャパルディ、「お酒との不健全な付き合い」と指摘され反論!

音楽

チャニング・テイタム、元妻ジェナ・ディーワンの婚約について反応!

セレブ

アヴァランチーズ、約4年ぶりに新曲をリリース!

音楽

ボン・ジョヴィ、新曲「Limitless」をリリース!

音楽