アリアナ新曲に盗作疑惑!?プリンセス・ノキアが憤怒!

21 1月 2019
ニューヨークのハーレムを拠点に活動している次世代人気ラッパー=プリンセス・ノキアが、アリアナ・グランデの新曲を盗作だと主張した。だが、その発言により、彼女の思いもよらない事態へと発展していくことになった。

数日前、アリアナの新曲「7 Rings」がリリースされると、その曲がプリンセスの「Mine」に酷似していると指摘する人たちが続出。その話題に気づいたプリンセスは疑惑の楽曲を聴き比べた動画をツイッターで公開し、「う〜ん、皆この曲に聴き覚えがある?だって私にはかなり聴き覚えがあるからね」とコメントした。



プリンセスのファンたちは即座に彼女の味方についたが、KRSという名のプロデューサーによる一声で状況が一転。彼曰く、アーティストのOshiとともに作ったサンプル用のビートを、プリンセスのプロデューサーに盗まれたことがあるとのこと。

「君のプロデューサー陣はこの曲(「Mine」)のために、俺らの第一弾サンプル音源を盗んだんだ。Oshiがあのメロディを作ったんだよ」とツイート。
 

そこへOshiも追撃。盗作されたことには怒っていなかったが、筋が通っていないことには我慢ならなかったようだ。

「僕が自分で作ったメロディの権利を持っていないのは明らかだ。だけど、君の曲が僕の制作物の模造品ばかりで構成されているのならば、君は誰かに"やられた"って言えないよね」
 

「なにが言いたいかっていうと、誰かが僕のサンプルに手を加えて彼女の曲を作っていたから、彼女が自分自身こそが真似している側であることに気付かずに、アリアナが自身のスタイルをパクっていると動画を作ったってこと。その件で僕にお金が払われているかとかクレジットを入れてもらったのかとかはどうでもよくって、ただ筋が通っていなかったからさ」
 

また、巷に溢れているポップソングについて言及し、プリンセスを諭すようなツイートも行なっていた。

「現代のポップソングのほとんどのサウンドやスタイルは、過小評価されている無名のアーティストたちによって作られているんだよ」
 

「クリエイティビティとは、ある種のエゴやコンプレックスによって保つことができるんだ。それに、過去を乗り越えて成長することができれば、多くの道筋や可能性が広がるよ」
 

Oshiは前向きな気持ちのようだったが、一度ついた火はおさまらず。とあるツイッターユーザーはプリンセスによる「Orange Blossom」がカリ・ウチスによる「Honey Baby」に酷似していると指摘。
 

意気揚々とアリアナを批判していたプリンセスだが、逆の立場になってしまったことで現在はその件について言及していない。アリアナ批判のツイートも削除している。
Category:

Latest News

ピンク、新型コロナウイルスに感染していたことを告白

セレブ

チャニング・テイタムとジェシー・J、再び破局

セレブ

ドレイク、新曲「Toosie Slide」をリリース!MVで自宅内部を大公開!

音楽

【続編】“自主隔離ロマンス”の二人、今度のデートは「ボールに入って散歩」?!

カルチャー

ケンダル・ジェンナー、姉コートニー・カーダシアンは「精神的にかなり病んでいる」

セレブ

映画『ムーラン』と『ブラック・ウィドウ』、延期後の全米公開日を発表!

映画

マイリー・サイラスとコーディー・シンプソン、医療従事者にタコスの贈り物!

セレブ

フジロック出演のゴーゴー・ペンギン、新曲「Kora」を先行リリース!

音楽