サム・スミス、ノンバイナリージェンダーであると明かす

18 3月 2019
ドラマ『グッド・プレイス』への出演で知られる女優/モデルのジャミーラ・ジャミルが新しいIGTV番組『I Weigh Interviews』をスタートさせた。

彼女は昨年、SNS上で「I Weigh」(※和訳:自分の重み)というハッシュタグを用い、"体重の重さによって自分の価値が決まるわけではない"といったメッセージを発信し、多くの人たちから賛同を得ていた。新番組においても、そのフレーズを使い、ボディ・ポシティブなムーブメントを後押ししていくようだ。記念すべき初回に登場したのは、歌手のサム・スミス。
 


自身の体型について「覚えている限り、赤ちゃんのころから悩んでいた」と打ち明けていたサム。彼は少年時代、女性ホルモンの増加による胸の発達が原因でいじめられており、体重増加を抑制するために脂肪吸引手術を受けた経験があるのだとか。そのときのことをこのように振り返っていた。「あのときはとても嬉しかったと思う。でもその手術は本質的にはなにも変えてくれなかったんだ。たしか2週間で体重がもとに戻っちゃってね。なぜなら、食生活を改善していなかったからだよ。だからなにも変わらなかったんだ。でも、12歳で胸部の脂肪吸引手術をするのって大きな出来事だよね」

また、「(体重は)僕が抱えている悲しみの根源なんだ。僕が今までに悲しんできた出来事は、文字通り全て、僕の体重が原因だ。毎日その苦しみと闘っているんだよ」と話し、今も悩みが継続していることについても明かしていた。
 

サムは今回のインタビューで自身の性別についても言及している。彼は男女いずれの性別でもないと告白し、そのことに気づいたときのことを「ノンバイナリージェンダー/ジェンダークィアという言葉を見かけて、その意味について調べたり解説を聞いたりしていたら、"マジか、それ僕のことじゃん"って思ったんだよ」と回想。

続けて、「ノンバイナリージェンダー/ジェンダークィアは、男性/女性といった特定の性別ではない。さまざまな異なる要素が混在しているんだ。自分だけの特別な生き物なんだよ。僕はそのように捉えてる。僕は男性でも女性でもない。その連続体のなかで、中間地点に浮かんでいると思う」と説明していた。

彼は自身の性別がなにかを向き合うとき、過去の経験を活かせたという。「自身のセクシュアリティについて考えるときにはいつも自由な思考を持っていたんだ。だから、性別についても異なる視点で考えてみようと思えたんだ」と語っていた。

インタビュー公開にあたり、サムは「このインタビューは僕の人生を大きく変えてくれた」とツイートしている。


Category:

Latest News

ピンク、BLM運動に関するビリー・アイリッシュの意見に反対する人々を一蹴!

音楽

キム・カーダシアン、写真に写る娘の体にも手を加え非難の嵐

セレブ

ギャランティス、シップ・レックとピンク・スウェッツを迎えた新曲「Only A Fool」を公開!

音楽

コール・スプラウス、「Black Lives Matter」抗議デモに参加し逮捕されていたと告白

音楽

若い頃のチェスター・ベニントンがニルバーナの「Polly」を歌う動画が発掘される

音楽

ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズの再結成に参加せずとも1.3億円を稼ぎ出す?!

音楽

次世代ポップ・プリンセスのグリフ、新曲「Forgive Myself」を解禁!

音楽

アレック・ベンジャミン、待望のデビューアルバムが遂にリリース!

音楽