ティモシーの大ファン、飛行機で憧れの人と隣同士に

7 2月 2019
映画『君の名前で僕を呼んで』への出演で一躍脚光を浴び、今や若手俳優の中でも最も有能視されるティモシー・シャラメ。そんな彼の大ファンであるインド人女性が、偶然にも飛行機でティモシーと隣同士に。憧れの人に遭遇した喜びと感動の気持ちはもちろんの事、友情が芽生える瞬間を逐一説明したツイッター投稿が話題となっている。

このラッキーな女性は、ティモシーの大ファンだというインド人、Alankrutha Giridharさん25歳。ここからは、彼女の実際の投稿をもとに、奇跡ともいえるストーリーをお届けする。


「全然大したことじゃないけどさ、3時間のフライト中ティモシー・シャラメの隣に座って、1時間も会話しちゃったよ。いや、大したことじゃないんだけどね。私も今すごい冷静だしね」


「飛行機に乗った時、フード付きパーカーを着た背の高いひょろっとした男の人がいたの。私たちのどちらも、頭上の荷物入れのスペースに空きがなかったのね。まさに本物の天使を見たような瞬間だったわ。頭の中で"ピコーン"って音がしたわよ」


「その後飛行機が飛び立ったんだけど、私はもう気が気じゃなかった。彼が本当にティモシーなのかどうか、確認したくてウズウズ。離陸から30分くらいたった時に、勇気を出して彼を突っついて、「あなたってティモシー・シャラメにそっくりね」って声をかけたの。そしたら彼は、「よく言われるよ」って笑顔で返してきたわ」


「その感じからして、きっと彼は余計な詮索はされたくないんだろうなって私は思った。だからその後は、サンドイッチを食べたり、トイレに2回行ったり、彼の事をチラ見したりしながら過ごしたわ。そしたら、離陸から1時間半が経過した頃、彼の方から「フライトがあとどのくらいになるのか」って声をかけて来たの。私もう我慢できなくって、「あなたティモシーでしょ、わかってるわよ」って言っちゃったの」


「そしたら彼は大笑いしながら、「そうだよ、大正解。ティモシーです、よろしく」って私と握手したわ。もうこの時点で私は大パニックよね。頭が真っ白になって、何も手につかなくなっちゃった」


「そして以下が、おバカな私が実際にティモシーに訊いた質問の数々。彼は一つ一つに丁寧に答えてくれたわ。
1. どうしてエコノミークラスなんかにいるのか(彼は笑って、「よくもまぁそんな質問をしてくれたね」って答えた)
2. 今までビヨンセに会ったことはあるか(答えはノー)
3. スティーヴ・カレルってどんな人なのか(ティモシーいわく、スティーヴはめちゃくちゃいい人で、FaceTimeしようって言われたことがあるらしい)」


「"うっかり口が滑って出てきた言葉"リストはこちら。
1. 「あなたの身長をググったことがある」
2. 「友達のツイッターのアイコンを見て欲しい。あなたの写真を使ってるから」
3. 「Wikipediaであなたのことを徹底的に調べたことがある(この言葉にティモシーはハイタッチしてくれた)」
4. 「アカデミー賞を受賞するの?」
5. 「『レディ・バード』でのあなたの登場シーンが最高すぎる。クソ野郎な役のくせに」」


「なにが一番びっくりだったって、彼も私に色々質問してきたことよ。仕事は何をしてるのかとか、どんなプロジェクトのマネージメントをしてるのかとか(こんなの誰も普通は興味ないよ、ティモシー)、どこで育ったのかとか。あと、私の名前をちゃんと発音してくれてた!」


「単に質問を口にしてるって感じじゃなくて、本当に心の底から出た質問って感じだったの。気軽なハイタッチとか小突きあいとかしてくれて、もう心臓が爆発するかと思ったわ。雰囲気的に話しやすいようにって気を遣ってくれてたから、まるで友達と話してるような感覚で会話を楽しむことができたしね」


「飛行機が目的地に着いた時、まだ未公開の映画で彼が出てる作品についてちょっとだけ話をして、彼は私のキャリアも上手くいくように祈ってるよって言ってくれた(正直、この時私は自分のキャリアを考えるどころじゃなかった)。それから最後に、この旅で唯一私だけが彼がティモシーだってことに気付いたんだって教えてくれて、一緒に写真を撮りたい?って訊いてくれたの!だから「どうかお願いします」って丁寧に頼み込んだわ」


「このストーリーの教訓―もし一生懸命仕事に取り組んで一歩も家から出ずにいれば、偶然に飛行機でティモシー・シャラメに出くわして、彼の携帯に入ってるセレブの中で一番有名な人は誰なのか、なんて質問をすることも出来ちゃうのかもね。おしまい」


「そういえば、こんなこともあったの。シェアし忘れてた。
1. CAからプレッツェルとオレンジジュースが配られるやいなや、まるで丸々2日間何も食べてませんってくらいの勢いでがっついて、20秒くらいで全部平らげてた。
2. 実際の彼はもっと背が高いと思ってたか、それとも低いと思ったかって訊かれた。低いと思ってたって答えたわ(自重しろよ自分)。
3. ティモシーは『小悪魔はなぜモテる?!』が大好きらしい」


「どんだけセルフフィー下手やねんって感じだけど、世界よ、これが彼との写真!彼の顔を見てごらんって。とても素晴らしい体験だったし、彼は本当にいい人だった(これで私たちは友達同士よ!多分ね。知らないけど)」
Category:

Latest News

ホアキン・フェニックスとルーニー・マーラが婚約?!

セレブ

プリンスの遺産管理団体、未発表音源に関する裁判で勝訴

音楽

テレタビーズの初代赤ちゃん太陽がママに?!

ドラマ

『ブラック・ウィドウ』、来年に公開が決定!

映画

コール・スプラウスとリリ・ラインハルトが破局!!

セレブ

エンド・オブ・ザ・ワールド、クリーン・バンディットとコラボ!

音楽

カーディ・B、新タトゥーで夫オフセットへの愛を表現

セレブ

エディ・マーフィ、Netflixと大型契約へ?

ドラマ