トロイ・シヴァン、「カミングアウト前は悪夢」

4 12月 2018
今年セカンドアルバム『Bloom』をリリースし、アリアナ・グランデやチャーリー・XCXとのコラボ曲を発表、さらにクイーンの楽曲をカバーするなど順風満帆に音楽活動を行なっていたトロイ・シヴァン。だがその傍らで役者活動も続けており、今年は出演作『Boy Erased』(原題)が公開された。
 
『Boy Erased』はガラルド・コンリーによる自伝小説の映画化。家族へのカミングアウト後に同性愛者を矯正する団体に参加させられた19歳の男子ジャレッドの物語を描いた作品だ。トロイはジャレッドと同じ環境下に置かれた男子=ゲイリーを演じている。Hollywood Reporterのインタビューに応じたトロイは、「この作品が全世界で上映されることを望んでいるよ」と話し、脚本を読んだ際に過去のカミングアウト体験を思い出したと述べ、「この役は自分がずっとやりたかったものだと直感したんだ」と回顧。
 
オーディションを受けた理由についてはこう語っている。「両親は僕の性的嗜好を受け入れられず治そうとしてきた。カミングアウト前は悪夢を見ているようだったよ」 「僕は家族や友人からサポートを受けられて幸運だ。でも大半の人たちがそうじゃない。皆が(サポートを)受け入れられるような機会があれば、迷わずそれに参加するよ」
 
同性愛者に対する矯正団体は未だにほとんどの国で合法となっており、LGBTQ+コミュニティに属する人たちの権利については世界各国で常に議論に挙がっている。幸い、『Boy Erased』は世間に良い影響を与えているようだ。トロイは「僕らは人々の話を聞いたりしている。過去の経験や家族とうまくいっていない状況だとかをトークセラピーで共有してもらっているんだ」 「この映画は現実世界で目的を果たせていると思う」と明かした。
 
また、トロイは『Boy Erased』にできる限り貢献したいと考えていたことから、オリジナルの楽曲を書き下ろしたそうだ。「撮影初日から、この映画のためにいくつか音楽を提供したいと考えていたよ」と振り返った。正式なオファーを受けていなかったが、ジョエル・エドガートン監督に楽曲を送り、結果としてヨンシー(シガー・ロス)との美しいコラボ曲「Revelation」が映画のテーマ曲として使われることになったようだ。
Category:

Latest News

ブルーノ・マーズ、新曲「Please Me」で再びカーディ・Bとコラボ!

Music

ホールジー、新タトゥーはあの有名人の顔!

Celeb

レディー・ガガ、カーディ・Bの味方に!

Celeb

キム・カーダシアン、悲しすぎる美の秘訣を明かす

Celeb

ARTIST OF THE MONTH: ザ・ローリング・ストーンズ

Special

MTV LIVE PREMIUM: 日向坂46 -1st Story-

Special

日向坂46 VideoSelects

VideoSelects

欅坂46 SPECIAL

Special