ダイアナ・ロス、14年ぶりの新作にマーク・ロンソンが参加!

27 6月 2019
ダイアナ・ロスがマーク・ロンソンを偉大なプロデューサーだと絶賛している。およそ14年ぶりとなるニューアルバムで、マークをプロデューサーに迎えているダイアナは、その新作で今の自分を表現しようとしているという。

TDトロント・ジャズ・フェスティバル中、質疑応答に答えたダイアナは、2020年リリース予定の新作についてこう明かしている。

「スタジオ入りしてニューアルバムを作る準備をしているところなの。今の自分に合った曲をやりたいわ。人生のこの時期にいて、とても感謝の気持ちに溢れているから」「ブルースは歌いたくないの。人の心に訴えるような、今の自分に合った、楽観的で前向きな歌を歌いたい」

また、映画『アリー/ スター誕生』のサントラに収録された「Shallow」でアカデミー賞などを受賞したマークのスキルについても称賛し「本当に素晴らしいプロデューサーに会ったの。マーク・ロンソンって名前のね」「彼はとても親切で、謙虚な人。"アカデミー賞を受賞してどんな気分?"って聞いたら、"次!って気分"ですって。次の仕事に目を向けてるの。すごく素敵な人」と続けた。

ダイアナは先日行われたロサンゼルス公演の中で、ニューアルバムに取り掛かっている事実を明かしていたが、詳細についてはまだ分かっていない。

息子エヴァンとその妻アシュリー・シンプソンのために「A Whole Lotta Lovin」という曲を書いたことが以前に明かされていたが、ダイアナにとって25枚目となるこのスタジオアルバムに収録されることになるのか現時点では不明だ。


Category:

Latest News

リトル・ミックス、11月開催の「2020 MTV EMA」でホストに!&新曲のパフォーマンスも!

音楽

ホールジーが大変身!短く刈った坊主頭をSNSで披露!

音楽

ゼンデイヤ、『ユーフォリア』の特別回が近日中に公開になると発表!

ドラマ

新型コロナウイルスは存在しないと思っていたインフルエンサー、感染した末に死去

セレブ

ジェイムス・ブレイク、新EP『Before』をリリースしタイトルトラックのMVも同時公開!

音楽

Netflix、2020年に公開したドラマシリーズの中で最も視聴された作品を発表!

ドラマ

ルーカス・ブラヴォがドラマ『エミリー、パリへ行く』で一番気合を入れたシーンとは?

ドラマ

メロウでセクシーなポップシンガー、オマー・アポロがEP『Apolonio』をリリース!

音楽